FBSの代表的な口座タイプ3つをご紹介

この記事では、FBSの代表的な口座タイプ3つをご紹介していきます。

自分のスタイルに合った口座を探している方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

スタンダード口座

海外FXの1つであるFBSにおける特徴の1つが、複数の口座の種類が用意されているという点です。複数の選択肢があることで、自分の状況に応じて利用するものを選ぶことが可能です。

FBSに用意されている種類の中で、最も一般的な選択肢と言えるのがスタンダート口座になります。

 

スタンダート口座は、最大レバレッジが3000倍と高水準という特徴があげられます。レバレッジが高く設定されているのにも関わらず、最小限入金額が1万円からで最小取引単位は10万通貨からになっています。

経験が少ない初心者というよりは、ある程度の経験があるトレーダーに適しているという点を押さえておきましょう。通貨ペアごとのスプレッド幅まで把握して利用を検討することが大切です。

FBSの2種類のボーナスの特徴と注意点

2020年3月14日

 

セント口座

初心者のトレーダーがFBSを利用してみたいという場合には、セント口座に注目するのも1つの手です。セント口座が初心者のトレーダーに適している理由が、最低入金額が1ドルからなので気軽に試すことが可能だという点です。

ほかの口座と比べると最大レバレッジは1000倍と低く設定されているものの、最小取引単位が1000通貨からなので、安全に取引を恥じることが可能です。

 

ほかの口座の種類が3000倍のレバレッジだと、1000倍は低いと感じてしまう方もいます。しかし1000倍という数字でも、一般的なFXと比べると高水準の数字だという点を押さえておくことが大切です。

特に国内のFXと比較すると、かなりの差があることがわかります。

 

マイクロ口座

1度に大きな利益を狙うよりも、小さな利益を確実に積みあげていくほうが好きだという方もいるでしょう。そのような方に適しているFBSの使い方が、マイクロ口座を利用するという方法です。

マイクロ口座における最大の特徴が、スプレッド幅が一定値に固定されているという点です。そのためスプレッド幅の変動が少ないことで、安定した利益を生み出すことが可能です。

 

ほかの口座の種類は、値動きによってスプレッドの幅が変動してしまいます。一方でマイクロ口座なら、変動しないことでスプレッド幅以外の手数料がかからないというメリットがあげられます。

毎回安定した利益を目指したいという場合には、マイクロ口座の利用を検討してみましょう。

 

トレードスタイルに合った口座を選択しよう

実際にFBSを利用したいときのポイントになるのが、5つの口座の種類が用意されているという点です。初心者向けのものから上級者向けのものまで、口座の種類ごとにさまざまな特徴が見られます。

そのため特徴を把握したうえで、自分に合ったものを選べるように考えていきましょう。

 

また自分に合った種類に注目するために大切なのが、トレードスタイルを考えるという点です。例えば小さな利益を確実に積み上げていくスタイルが好きなら、マイクロ口座と相性が良いかもしれません。

トレードスタイルによって相性が良い口座が異なることもあるからこそ、自分がどのようなトレーダーになりたいか考えることも必要です。最低入金額などを比較して選ぶことも大切です。

FBSの口座開設方法を徹底解説

2020年3月11日

 

まとめ

FBSの代表的な口座タイプ3つをご紹介しましたが、いかがでしたか?

初心者から経験者向けまでさまざまなタイプの口座がありますので、特徴等しっかり確認して選んでくださいね。是非参考にしてみて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です