FBSの出金手数料について解説

この記事では、FBSの出金手数料について解説していきます。

出金にかかる手間や注意点についても学びたいと考えている方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

FBSの出金の際に知っておきたいこと

FBSで出金をする際に注意するべきこととしては、必ず入金した時の手段と同じ手段を使わなければならないということです。

つまり、クレジットカードで入金したらクレジットカーで出金せねばならず、bitwalletで入金したのであればbitwalletで出金しなければならないということです。これは、マネーロンダリングなどの不正な取引を防止するための措置であると言えます。

 

また、FBSでは各種のボーナスを獲得することができますが、これらのボーナス自体を出金するためには、ある程度の取引実績が必要となるうえ、制限時間が来ると消滅してしまいます。

そのため、これらのボーナスは出金して利益を確定させるよりも、積極的に取引に利用していくことが推奨されます。

【FBS】4つの出金方法について解説

2020年3月14日

 

【手数料1ドル】クレジットカード出金

クレジットカードで出金をする場合は1ドルの手数料が必要となります。それ以外の手数料はかからないため、この点では最も安く手続きを済ませることができるというメリットがあります。

しかし、実際に処理が行われるまでには1ヶ月から2か月程度、場合によってはそれ以上の時間がかかることがあるということを忘れてはいけません。

 

さらに、クジレットカードを利用する場合は、クレジットカードで入金した金額の一部をキャンセルするという処理で出金が行われるという都合上、クレジットカードで入金した分しか出金することはできないと言う問題点があります。

つまり、利益が出ても出金ができないというであり、クレジットカードはFBSの入出金の手段としてはあまり適切ではないと言えます。

 

【手数料無料】bitwalletでの出金

bitwalletを利用してFBSから出金する場合、取引自体の手数料は無料なのですが、bitwalletを利用する際の手数料として824円がかかるという問題点があります。

しかし、出金自体は24時間以内に行われ、FBSで生じた利益も出金することができるため、総合的にはクレジットカードよりも使い勝手は良いと言えます。

 

ただし、bitwalletを利用するためには、まずbitwalletに登録しておかなくてはなりません。また、取引は銀行口座を介して行われると言う都合上、そのための銀行口座を登録しておく必要があります。

そのため、bitwalletを利用する際には、まずこれらの手続きを済ませておく必要があります。

 

【手数料0.1%】Wire Transfer(海外送金)での入金

Wire Transferとは、海外の銀行で入出金を行うという手段です。そのため、まずは海外の銀行口座を持っていることが利用の前提となります。さらに、もちろんやり取りは銀行のある国の言語で行われるため、その国の言語が理解できないと非常に扱いづらくなります。

海外と取引を行うと言う都合上、処理が終わるまでには1週間程度の時間がかかります。また、手数料は入金した金額の0.1%であるため、取引する金額が大きくなるほど手数料も高くなります。

 

ただし、この手数料はFBSとの取引だけのものであり、海外銀行との取引による手数料は別にかかります。この手数料は銀行によって異なりますが、3000円から6000円程度と非常に割高です。

全体的には傾向にあります。このような事情から、先に利用したい銀行の手数料などをチェックしておく必要があります。

FBSの2種類のボーナスの特徴と注意点

2020年3月14日

 

まとめ

FBSの出金手数料について解説しましたが、いかがでしたか?

出金にかかる時間や手数料は、手段によってかなり差がありますのでしっかり確認しておきましょう。是非参考にしてみて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です