XMアフィリエイト口座の解約方法を解説

この記事では、XMアフィリエイト口座の解約方法を解説していきます。

利用していない口座がある方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

通常の口座解約と同じ手続き

XMアフィリエイト口座が不要になった時にも、手続きは必要ですがいたってシンプルです。一般的な口座解約と同じ流れなので、特殊なことは不要ですぐにできます。

まずは、ログインしてマイアカウントの概要に進みます。そこに自分の口座一覧が出ますので、閉鎖したい口座を選択してオプションを選択するのアイコンをクリックします。

 

すると一番下に口座解約すると出てくるのでクリックすると、登録したメールアドレスに処理するためのメールが来ます。メールにあるリンク先に飛び、解約の最終確認がありますので進めます。

これだけで口座解約が完了しますのでスムーズに終わります。書類が必要とか、郵送で手続きも不要なので数分で迷うことなく終了します。

XMの口座解約方法を簡単に解説

2019年11月30日

 

一度解約して別の紹介者から開設することも可能

一度解約してから、もう1度口座開設したいというときXMアフィリエイト口座は受け付けてくれます。例えば、別の紹介者がいれば、その方の紹介として再度口座開設としてカウントしてくれます。

つまり一度解約したら、利用不可とか、一定期間は利用できないなどの制限もありません。ただ、以前の口座はしっかりと解約することが条件ですし、前の口座の情報は引き継がれませんので、まっさらな状態から始めることになります。

 

別の紹介者から口座開設するためには、まずやるべきことは旧口座を出金して解約することです。

そこが完了しないとデータ上で、口座が既にあると判断されて弾かれてしまいます。解約完了後に新たに登録すれば問題はありません。

 

注意点①:解約の際には必ず出金をする

口座解約はとてもシンプルに短時間で完了できますが、注意しておきたいポイントもあります。まずは、条件ですが、ポジションが全部解約されてから24時間以上経っていることです。

また、口座に資金が残っていないことです。ここで気を付けたいのが資金が残っている場合です。手続きの段階で画面に注意喚起が出てきたり、受付が拒否されるようなシステムになっているわけではありません。

 

ですから、資金が残ったまま解約になってしまうのですが、後から返金を申し出ても対応不可です。

解約時の残高については自己責任ですから、必ず残高をチェックしてゼロにしておく必要があります。出金をして空の状態を確認してから解約作業に入るようにします。

 

注意点②:取引がない口座は維持手数料がかかる

口座を使わないと言っても、わざわざ解約するのも手間が掛かると思って、ついそのままにしてしまいがちです。しかし、XMアフィリエイト口座では、それは厳禁で口座維持手数料が発生します。

XMアフィリエイト口座は90日以上取引のない口座に関しては、口座維持手数料として毎月5ドルが請求されます。もし、口座に資金が残っていれば、そこから引かれます。

 

知らない間にあったはずの資金が減少しているというケースになってしまいます。口座に資金が不足していて、5ドルが引けない時には最終手段として口座凍結になります。

せっかくの自分の資金ですから、不要なところで持っていかれてしまうのはもったいないですから、利用しないなら解約をしましょう。

初心者にはXMアフィリエイトは稼げないのかを徹底検証

2019年12月16日

 

まとめ

XMアフィリエイト口座の解約方法を解説しましたが、いかがでしたか?

解約方法は一般的な口座と同じですが、資金が残っていないか必ず確認しましょう。長期利用していない口座に手数料を取られてしますのはもったいないので、放置せずに解約手続きした方が良いでしょう。是非参考にしてみて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です