XMアフィリエイトは確定申告が必要なのか?

この記事では、XMアフィリエイトは確定申告が必要なのかを解説していきます。

副業で始めたXMアフィリエイトに利益が出てきた方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

原則、年間20万以上の所得で確定申告必要

税金を税務署に申告する際には、20万円ほどの控除があります。つまり、アフィリエイトなどで得た一時所得は得た収入から経費を差し引いた分の金額が20万円を超えなければ課税される事はありません。

しかし、20万円を超えたのであれば、売上から経費を差し引いた金額に対して税金がかかってきます。大きく所得が増えた時には、どれだけ経費を計上出来るかで税金の額は変わってきますので、確定申告を行う時期に差し掛かるまでに何らかの節税をしておく事が大切です。

 

年の所得が1000万円を超えてきますと、経費の計上にも限界がありますので、専門家である税理士に依頼をする事で問題をクリアする事が出来るでしょう。

確定申告が必要であるのは、年間20万円以上の所得が発生するという事を頭に入れておくと良いです。

 

 

 

売上発生にかかる経費を保存しておく

確定申告を行って、節税をするには経費が重要なポイントになります。FXやそれに関連するアフィリエイトプログラムからの収入は、事業取得とは違って雑所得として計算されます。

もし、法人化している場合には事業所得と認められる事もあります。売上発生に伴う経費が認められるのは、インターネットの通信費やパソコンなどの機器代金、FX会社に専用の口座を開設する時に入金しておく預託金などがあります。

 

FXは、日々通貨レートが変動しますので、利益が発生するだけでなく、損失が出る事もありますので、その時は売上はマイナスになりますので、所得も自然と減る事になるでしょう。

上り調子で売上が上がった時に経費の事も同時に考えておく必要がありますので、経費になりそうな項目を見つけたら帳簿に記録したり、レシートを取っておいたりする事で保存しておくと良いです。

 

「売上ー経費」=所得となる

所得は、売上から経費を差し引いたものですので、売上が経費以下なら所得はマイナスになり、課税対象では無くなります。

経費を如何に税務署に認めてもらうかが確定申告を行う上で肝になりますので、所得を下げたいという時には経費を増やしていくのが良いでしょう。

 

しかし、FXは元手が必要ですので経費は発生し易いですが、アフィリエイトに関してはネット代金やパソコン代金ぐらいしかありませんので、FXの売上が発生するのにかかったお金を重点的に計上していくようにしますと、所得が急激に上がってしまうという事を抑えられます。

所得税は所得に対して課せられるものですので、大幅に売上が上がり、あまり計上出来ないといった場合、所得が大幅に上がってしまう事は注意しなければいけません。

XMアフィリエイトの出金方法をご紹介

2019年12月10日

 

専門的な税理士へ相談することが大切

年1000万円以上というようにかなりの売上が出てくるようになりますと、経費を計上しても所得が増える一方であり、結果的に高い税金がかかってしまうといった事が起こります。

この場合、法人化するのが望ましいですが、そのような税に関して、どのように対処してい良いのか分からない場合は税理士を雇って相談したり、税金対策を講じたりしてもらうのが良いでしょう。

 

税理士は税に関するプロですので、様々な方向から税金対策に関するアドバイスをしてくれます。

確定申告の時期よりも早い時期に税理士に相談しておいた方が対策もそれだけ早く講じられるようになります。確定申告で迷ったら、税の専門家である税理士に相談するようにしましょう。

 

まとめ

XMアフィリエイトは確定申告が必要なのかを解説しましたが、いかがでしたか?

売り上げから経費をひいた所得が年間20万を超えた場合は確定申告が必要になります。また、所得が高額になって法人化する場合や、税金に関しての疑問があればプロの税理士に相談してみましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です