【全3種類】XMの口座タイプを解説

この記事では、【全3種類】XMの口座タイプを解説していきます。

どの口座を開設しようか悩んでいる方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

XM口座:マイクロ口座

マイクロ口座はスプレッドがスタンダード口座と同等ですが細かい部分が違います。

基本的に1ロットあたりの取引単位が違い1ロットは1,000通貨です。他の口座と比較したときに100倍も小さい単位で取引できるのがメリットでしょう。

 

小さな単位で取引できることにどんなメリットがあるのかというと、リスクが少ないです。たとえ取引で負けてしまっても損益を少なくすることができるので、ちょっとトレードをしてみたいという初心者にも適しています。

最低入金額は5ドルに設定されているのが強みです。たった5ドル入金をするだけで取引をすることができます。取引単位が低い口座だけに証拠金も少なくてすむのでトレード入門用に最適でしょう。

XMの入出金方法3パターンと注意すべきルールを徹底解説

2019年9月30日

 

XM口座:スタンダード口座

スタンダード口座は最もおすすめできるものです。この口座はXMが提供しているボーナスがすべて適用されます。

お得にトレードをすることが出来るのが強みでしょう。例えば3000円の入金不要ボーナスを受け取ることができるうえに、500ドルまでの入金で100%ボーナスが付与されます。

 

さらにレバレッジは最大888倍まで適用されるのでお得です。少ない証拠金でも多額の取引をする事ができるので本格的なトレードをしたい時に良いでしょう。

スタンダード口座は最大50ロットの取引が可能です。ちなみに最小ロット0.01での少額取引にも対応しているので、FXをやり始めた方でも安心して取引ができます。ゼロカットも適用されるので入金額以上の損失がない取引ができるのも強みです。

 

XM口座:ZERO(ゼロ)口座

ZERO口座は低スプレッドに特化しているサービスです。スプレッドが最初0pipsなのでFX業者に支払う手数料は一番安くコスト面で優れています。

ちなみにスタンダード口座ではスプレッドが2pipsです。さらにゼロ口座のみECN方式が採用されているので取引内でブローカーが介入することがありません。

 

このシステムによりMX側でスプレッドの追加がないのが強みです。取引手数料が格安もしくは0円というメリットがありますが、その分スタンダード口座に適用されるボーナスが貰えません。

またECN方式はブローカーの介入がないだけに通貨ペアの約定が速いのもメリットです。希望の金額で取引できる可能性が高いので、ある程度FXに慣れている方には使いやすいでしょう。

【2020年版】XMの口座開設を4ステップで解説

2019年9月22日

 

最も口座開設数が多いのは「スタンダード口座」

XMの口座の中でも特に利用者が多いのがスタンダード口座です。なぜ多いのかというとXMで用意されているボーナスがすべて適用されるからでしょう。

ボーナスをうまく利用すれば低コストでトレードをすることができます。さらに最小ロット0.01(1,000通貨)単位での取引も可能なので、FXで大損をしたくないという人にも人気です。

 

またゼロカットが適用されている部分も人気があります。ゼロカットを利用すれば大きな損失を防ぐ事が可能です。

総合的に見るとスタンダード口座が一番バランスが取れています。口座開設をするだけで3000円分のボーナスを貰えるといったメリットもあるので、とりあえずFXをしてみたい人にも人気です。3種類の口座タイプは公式サイトでも比較検討可能ですので見てみることをおすすめします。

 

まとめ

【全3種類】XMの口座タイプを解説しましたが、いかがでしたか?

リスクが少ない初心者も安心なマイクロ口座、ボーナスが全て適用されるお得なスタンダード口座に取引に慣れている方向けのZERO口座と、自分にピッタリの口座を見つけて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です