XMの法人口座は開設できるかを徹底検証

この記事では、XMの法人口座は開けるのかを徹底検証していきます。

法人口座を開設したいと考えている方は必見の記事となっています。それでは早速いってみましょう。

 

【注目のキャンペーン】今すぐの登録がお得!

キャンペーン概要

期間限定で口座開設だけで「3000円」の取引ボーナスが受け取れます!また、入金額に応じて最大で5000ドル(55万円相当)と無限ロイヤリティープログラムのポイントを獲得することができます。

 

XMは法人口座を作成できない

結論から言うとXMは法人口座を開設することができません。

ただしこれは日本法人となっており、海外法人を持っている人は問題なく開設することが可能です。

 

日本法人が開設できない理由は明確にされておらず、今後も開設が許可される可能性は非常に低いことから、あくまでも個人口座を利用するしかないというのが実態です。

そのため、方針で税務上許可されている損益の繰越が税務上できないため、単年度の利益や損失に対して税金が発生することになるのです。

 

法人口座が開設できる場合には、XMでの損失を繰り越し、翌年利益が出た場合でもその損失を下回る場合には利益が計上されず、法人税を支払う必要がないと言うメリットがありますが、XMではこのメリットを享受することができない点に注意をしなければなりません。

この点に注意をして利用することが、必要となっています。

 

過去は法人口座を開設できた

XMは以前法人口座を開設することができたと言う噂もありますが、その真偽は定かではありません。

口コミでは以前はできたと言う情報もあるのですが、そうすると法人扱いとなり様々な利益の繰越ができたと言うことになります。

 

この場合にはXMの投資で得た利益も損失と相殺されることになり、個人の場合に比べ利益に関する税金の支払いが大幅に削減できることになり、多くの人が法人口座を効果的に利用できることになってしまうため、税務署のチェックが非常に厳しくなると言うことが推測されます。

従来は法人口座を開設することができたとすれば、このような税務署のチェックが厳しくなったと推測されるため、これを避けるために法人口座を開設することができなくなったと考えることができます。

XMアフィリエイトを家族口座で行うことができるか?

2019年12月11日

 

個人口座を法人利用することをおすすめ

XMでは現在法人口座を開設することができず、また将来的に可能となる目処も立たないため、個人口座を開設し法人で利用することがすすめられています。

ただしこの場合にはあくまでも個人の口座と扱われるため、税務上の法人の特典である損益の繰越は評価されないことが多くなっており、一般的な損失の先送りは認められません。

 

そのためこの点を十分に理解した上で利用することが必要であり、法人の決算における損益の繰り越しからXMでの収益を除外して計上することが重要となります。

すなわち、XMでは前年度に損失を発生させ、次年度であげた利益が喪失を下回っている場合でも、利益を上げた年度に対しての税金を支払わなければならないのです。

 

個人口座を法人利用する際には税理士など専門家へ相談

個人口座を法人利用する場合には、損益繰越の問題があるため、税理士などの専門家に相談してその取り扱い十分に検討することが重要です。

一般的に個人口座の場合は単年度ごとに利益に対しての税額が設定されるため、法人のような損益の繰り越しができず、利益を上げた年度には税金を支払わなければならない決まりとなっているためです。

 

しかし、状況によっては法人税の支払いの対象から除外されるケースも考えられるため、その詳細を税理士に相談し支払いの是非を判断することが重要となります。

法人名義の口座があればその上でも損益の繰越が認められることとなるため問題はありませんが、個人口座が法人のものと取り扱われるかどうかは税務署の判断となるため、税理士と十分に確認することが必要になっています。

【2020年版】XMの口座開設を4ステップで解説

2019年9月22日

 

まとめ

XMの法人口座は開けるのかを徹底検証しましたが、いかがでしたか?

法人口座を開くことはできないので、税理士と相談の上、個人口座を法人利用するしかありません。是非参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です