XMの入出金方法3パターンと注意すべきルールを徹底解説

この記事ではXMの入出金方法3パターンと注意すべきルールを徹底解説していきます。

XMは日本でも人気のある海外証券会社となっていますので、入出金方法は全てのパターンで把握しておきたいところです。あなたに合った方法で証券口座に出し入れすることがベストです。

それでは早速解説していきます。

 

【XMの入出金方法】代表的な3パターン

XMの入出金方法には3つのパターンがあり、かつそれぞれに入出金にはルールがあります。

入出金方法は以下の3つとなります。

  1. 国内銀行を利用(銀行振込)
  2. クレジットカードとデビットカード
  3. 電子ウォレット

 

この3つを使ってお金のやり取りをすることになります。

クレジットカードで対応している国際ブランドはVISAとJCBの2種類で、銀行振込ではXMが指定する日本国内の銀行口座に直接振り込みます。また電子ウォレットでは、bitwalletとSTICPAYの2種類から選択することが可能です。

 

入出金に関する注意点

入金の場合にはどの方法でも、自由に行うことができ上限に関してもそのサービスに定められたものとなります。

しかし、出金する場合には利益分は銀行振込である必要があります。つまり、入金はクレジットカードや電子ウォレットは使えるものの利益を得た場合には銀行振込のみということです。海外FXでトラブルになるケースとしては、この入出金のルールを理解していない事から起こるものです。

 

ここでポイントとなるのが利益分であることでクレジットカードや電子ウォレットの場合には入金した分のお金をキャンセルという扱いで返金される仕組みになり、FX取引によって得た利益分については、銀行を通じて送金されます。

これはクレジットカードの盗難や偽造されたものが使われた場合に、カード会社の被害を最小限にすることができますし、またマネーロンダリングを防止するという点でも導入されているルールです。

以下でさらに詳しく解説していきます。

 

①国内銀行を利用した入出金方法

国内銀行を利用したXMへの入出金は利益を得られた時のことを考えれば、利用できるようにしておきたいものです。

この銀行利用の入金方法と出金方法に加えて、メリットとデメリットについてもお伝えしていきます。

この点を十分に理解することで、どの方法を利用すればいいかなどを判断できると思います。

 

銀行利用の入金方法

国内銀行を利用した入金方法は、XMが指定する銀行口座に通常の方法で振り込みを行います。この時点では誰かに送金するのと同じですから、銀行によって手数料が発生するので注意が必要です。

銀行振込の手数料を節約したい場合には、振込手数料が無料になる銀行を利用したりXMが指定する口座と同じ銀行の口座を持つなどの工夫が必要になります。また1万円未満の入金では、手数料として980円が発生するので、入金するのであれば1万円以上にした方が有利です。

 

銀行利用の出金方法

出金に関しては利用者が指定した銀行口座に送金してくれる仕組みでルールは単純ですが、海外送金を受け入れていない銀行口座があるため注意が要ります。

またXMに登録した口座の名義人と銀行口座の名義人が一致しているものでなければ、出金することはできません。

それと出金手数料は無料ですが銀行側が海外送金を受け入れるための受取手数料は受取人負担となり、2から4000円ほど必要です。

 

銀行利用のメリット

メリットは利益分を送金してもらえることで出金限度額が必要ありません。

また送金額が多くなると手数料もかからないので費用はあまりかかりません。

セキュリティー面でも安心して利用可能です。

 

銀行利用のデメリット

デメリットは送金に時間がかかることで、2〜5営業日は見ておく必要があります。

さらに少額の振り込みの場合にはXM側での手数料が掛かり、銀行に支払う手数料と含めるとコスト面で不利です。

このため迅速に入金したいといった場合には不利です。

 

銀行利用の注意点

銀行利用の際の注意点は以下の通りとなります。

 

②クレジットカードを利用した入出金方法

2つ目の入出金方法として普段利用率の多いクレジットカードやデビットカードによる入出金方法です。

これは入金に関しては最もお手軽ですが、出金方法については複雑になっています。なので、入金専用と捉えたほうがいいかもしれません。具体的には下記にてご説明して生きます。

 

クレジットカード利用による入金方法

「入金方法一覧」→「資金の入金」へ行き入金を行います。

XMに入金する方法でもっとも手軽なのが、クレジットカードおよびデビットカードを用いた方法です。

方法は至って簡単で、買い物をする時と同じように入金手続きのページからクレジットカード番号と名義人などの情報を入力し金額を記入するだけで済みます。

 

クレジットカードでの扱いはショッピング枠ですから、その範囲内であればXMに入金することができるものです。手数料も無料で、手続きが上手く行けば即時に反映されるので、トレードをすぐにでも始めることができます。

 

クレジットカード利用による出金方法

出金についてもルールを理解しておく必要があります。

そもそもクレジットカードは代金の支払いを行うものであって、お金のやり取りをするためのサービスではありません。クレジットカードで出金できるという考え方自体が本来は成り立たないものです。このため出金手段として用意されているのは、利用をキャンセルしたことによる返金という扱いになります。

 

出金できる金額は同じクレジットカードで入金した分の金額だけであり、事実上利益を得た場合にはその分のお金を出金することはできません。手数料は掛かりませんが、返金という扱いのために完了するために2ヶ月程度時間が掛かるものです。

手続きそのものは簡単ですが、あくまでもクレジットカードで利用した金額内に制限されることに留意しなければなりません。

 

クレジットカード利用の注意点

注意点としては、上記の出金でもお伝えしましたが、出金できる金額は同じクレジットカードで入金した分の金額だけであり、事実上利益を得た場合にはその分のお金を出金することはできません。

さらに、対応している国際ブランドであるVISAやJCBでも、入金できない場合があるので必ず入金できるものとはいえません。他のクレジットカードについては現在対応していません。

 

ビットウォレットを利用した入出金方法

XMを含めて海外FXで入出金をするのに適した方法が電子ウォレットと呼ばれるサービスです。

電子ウォレットは、利用者と業者との間に立ってインターネット上でのお金の受け渡しを行うというサービスになります。銀行とはやや性質の異なるものですが、同じく口座を開設してそこに資金を置いておくことができ、その口座を通じてさまざまな海外のサービスとのお金のやりとりが可能です。

 

ビットウォレットは、その電子ウォレットサービスのひとつで、XMが利用を認めているサービスになります。ビットウォレットを利用するメリットは入出金手数料が無料で、入出金の反映が即時に行うことができるものです。

手続きとしてはやや煩雑になり、まずはビットウォレットの口座にお金を振り込んで置かなければならず、国内銀行への出金にも手数料と時間が掛かります。

基本的にXMとのやりとりはスムーズで、入出金方法も専用ページから簡単に行うことができるのですので便利に利用できます。

 

ビットウォレット利用による入金方法

クレジットカードを使って入金することができない場合に、クレジットカードを使ってビットウォレット経由で行うことができますし、国内銀行からも送金することができます。

ビットウォレット利用による出金方法

ビットウォレット利用の注意点

こちらもマネーロンダリングの関係からXMから出金できるのはビットウォレットから入金した金額のみになります。

 

その他の入出金方法

その他の入出金方法ですが、入金に関して追加で2つあります。

それが香港に本社を持つ「SticPay」と同じく香港に本社がある仮想通貨取引所「BXone Wallet」です。

BXone Walletについては2019年の9月頃より入金サービスが開始されています。

上記代表的な3つのパターンに加えて、これらのサービスも利用できるのは価値があると思います。

 

入金は手軽にでき、出金は銀行振込一択

XMとのお金をやり取りをする方法は、クレジットカードおよびデビットカードと銀行振込、電子ウォレットの3つから選ぶことになりますが、最終的に利益分の出金を求めようとした場合には銀行振込による手続きを行わなくてはなりません。

またこの際に海外送金を受け付けている国内銀行である必要があるなど、出金する方法についてはトラブルとなりやすいものですから、十分に注意しなければなりません。

 

一方で入金方法については、どの方法でも行え気軽に行うことができるものです。

しかし、クレジットカードおよびデビットカードでも利用できるものと出来ないものがありますし、電子ウォレットもXMと直接やりとりをするのとそれほど変わらないものといえます。利用者の利便性を高めるために仮想通貨を利用するサービスも行われていましたが、相場変動が激しいため取り扱いが中止されています。

 

いずれにしてもXMを利用する場合に、すぐにお金を送金したいといった場合にはクレジットカードやデビットカードが適しています。特にショッピング枠で行われるのでポイント還元があるカードであれば、より有利に入金することができるものです。

またクレジットカードが使えない場合には、電子ウォレットを利用することでも迅速に入金手続きを行うことが出来ます。しかし、確実なお金のやりとりをしたいのであれば、銀行を通して行う方がよく、即応性には劣りますが正しくXMと入出金を行うことが可能です。

 

まとめ

XMの入出金方法3パターンと注意すべきルールを徹底解説してきましたが、いかがでしたか?

XMは人気の海外証券会社で入出金方法もバリエーションがたくさんあります。あなたに合った方法を選択して入出金をスムーズに行ってみてください。

また、注意点などに気をつけてトラブルがないようにしていきましょう。