【FXGT】4つの入金方法まとめ

この記事では、FXGTの4つの入金方法をまとめて解説していきます。

お得に始めたいと考えている方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

クレジットカードにて入金

これまで、FXGTにクレジットカードで直接入金することはできず、クレジットカードでbitwalletを購入することで間接的に利用できるという仕様になっていましたが、最近になってクレジットカードで直接入金することができるようになりました。

ただし、現在のところはJCBのブランドしか利用することはできません。

 

方法は入金方法の中からクレジットカードを選んで必要事項を入力するだけです。bitwalletを経由する場合は最大で5パーセント程度の手数料がかかりましたが、直接クレジットカードを使用する場合は手数料がかからないというメリットがあります。

なお、クレジットカードで出金をする場合は、入金した金額からキャンセル処理を行って返金するというかたちで処理が行われるため、入金した金額以上の金額を出勤することはできないということに注意する必要があります。

【FXGT】口座開設の方法を4ステップで解説

2020年3月21日

 

海外送金にて入金

海外送金でFXGTに入金する場合は、国内の銀行口座だけでなく、海外の銀行の口座を持っていることが前提となります。手続きとしては、入金手段の中から「銀行送金」を選び、「日本円」を選択します。

すると、送金元と送金先の銀行口座の情報が表示されるため、このデータをコピー&ペーストやスクリーンショットで持ち出せる状態にした後、これをもって銀行の海外送金対応窓口で手続きをする必要があります。

 

この時に注意しなければならないことは、FXGTとやり取りする分には手数料がかからないものの、銀行側の手数料がかかるということです。

そのため、事前に利用する銀行の手数料について調べておくことが重要となります。また、最低入金額は1万円以上で手続きが終わるまで数日間かかるなどの制約が大きいという点にも注意が必要です。

 

bitwalletにて入金

bitwalletを使用する場合は、bitwalletのアカウントを持っていることが前提となります。アカウントを持っているのであれば、まずはbitwalletのウェブサイトで入金を行います。

そのうえでFXGTのウェブサイトに移り、bitwalletのメールアドレスと入金する金額を入力すればFXGTへの入金が完了します。

 

この時に問題となるのが、bitwalletへの入金手段です。これにはクレジットカードやデビットカードを利用する場合と銀行口座から振り込む場合があるのですが、いずれも手数料がかかります。

ただし、一度FXGTに入金してしまえば、出金と合わせて考えるともっとも使いやすい手段であると言えます。

 

仮想通貨にて入金

仮想通貨で入金する場合、まずはFXGTで利用できる仮想通貨は限定されているということを理解しておく必要があります。

つまり、FXGTで取り扱っていない仮想通貨は利用できないということです。さらに、仮想通貨を運用している取引所にアカウントを持っていることも必要となります。

 

これらの条件を満たしている場合は、FXGTの入金方法で仮想通貨を選ぶと入金アドレスとQRコードが表示されるため、自前の取引所のアカウントから入金手続きを行います。

この時にアドレスを間違えると入金した金額が消滅するため、よく確認しておく必要があります。また、場合によっては取引の際に手数料がかかることもあるため、その点にも注意しなければなりません。

FXGTのボーナスとキャンペーン情報をご紹介

2020年3月23日

 

まとめ

FXGTの4つの入金方法をまとめて解説しましたが、いかがでしたか?

クレジットカードが手軽に入金できる方法ですが、口座やアカウントの有無などで、自分にピッタリの方法を選択してくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です