FXGTの口座タイプについて徹底解説

この記事では、FXGTの口座タイプについて徹底解説していきます。

これから口座を開設しようと考えている方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

FXGTは口座タイプは1つしかない

海外にあるFX業者の創立メンバーが立ち上げたFXGTには、口座タイプが1つしかありません。したがってFX以外の為替や株、仮想通貨も1つの口座で行うことができます。

この1つの口座でさまざまな取引ができるメリットは、普段はFXで取引している場合であっても、仮想通貨などが高騰した際に遅れをとらないで取引することができる点です。

 

ビットコインなどの仮想通貨は、半年に1度ぐらいの割合で大きな上昇を起こす傾向があります。

資金を振り替えたりしていたら、その高騰の波に乗ることができなくなってしまうので、口座タイプが1つしかないFXGTは有効であるといます。資金を増やしたいのであれば、さまざまな投資に目を向けることが大切です。

【FXGT】口座開設の方法を4ステップで解説

2020年3月21日

 

MT5でログイン後に各通貨へ入出金ができる

FXGTでFX取引をする際には、MT5でログインした後に各通貨へ入出金しなければなりません。MT5でログインするためには、最初の画面から、MT5のアカウントをクリックします。

口座の種類を選択する項目が出てくるので、ライブ口座を選びましょう。1つ目の口座は入金しなくても作成することができますが、2つ目の口座からはお金を入れないと登録することができないので注意しましょう。

 

このようにFXGTでは、1つのアカウントで複数の証拠金口座を作ることができるという特徴があります。この手続きを行えば入出金をスムーズに行えるようになります。

利用する際のポイントは利益が出たら適度に出金することです。また過度に入金にしないようにすることもポイントになります。

 

他のFX業者とは仕組みが違う

FXGTは他のFX業者とは仕組みが違うという特徴があります。どのような点が異なっているかというと、レバレッジが最大500倍になるので、入出金を減らしながらトレードができる点です。

ドル円だと10万通貨の取引をする場合は、レバレッジ25倍の業者であれば最低50万円以上の資金が必要になりますが、レバレッジ500倍のFXGTなら最低2万2千円ていどあれば行うことができます。

 

したがって他のFX業者に比べて少ない資金でトレードすることができるという仕組みがあります。ゼロカットで追証のリスクがないといういう点も、他のFX業者とは仕組みが違う点です。

国内のFX業者だと証拠金が不足してマイナスになってしまう恐れがありますが、ゼロカットのFXGTではその心配がありません。

 

口座タイプを選択しなくていいので、初心者にはおすすめ

FXGTはFXの取引をはじめて行う方に対しても、おすすめな業者です。なぜなら口座タイプを選択しなくてもいいからです。

FXを熟知している方であれば、口座タイプを選ぶのはスムーズに行うことができますが、初心者だとどれを選んだらいいのか迷ってしまうのが多いのではないでしょうか。

 

FXGTであれば、口座が1つしかないので、迷うことなく手続きを進めることができます。口座開設もとてもシンプルなものになっているので、簡単に登録することが可能です。

登録する際には個人情報を入力しなければなりませんが、それらもすべて日本語で表記されているので、英語がわからない方でも安心です。提出する書類は本人確認書類と住所核に書類の二つだけです。

FXGTのボーナスとキャンペーン情報をご紹介

2020年3月23日

 

まとめ

FXGTの口座タイプについて徹底解説しましたが、いかがでしたか?

FXGTは口座が1つしかないので選ぶための知識が必要ありません。登録も日本語表記で簡単なので安心ですね。是非参考にしてみて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です