【FBS】4つの入金方法について解説

この記事では、FBSの4つの入金方法について解説していきます。

FBSを始めたばかりの方や、これからFBSを始めようと思っている方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

クレジットカード入金

海外のサービスに入金をする上で最もハードルが低いといえるのは、クレジットカードを利用する方法です。利用可能なブランドはVISAになりますので対応しているクレジットカードを用意しましょう。

入金はウェブサイト上から行うことが出来ますので、FBSの口座にUSDかEURのいずれかを選択して入金しましょう。

 

この際、入金にかかわる手数料というものはかかりませんが、日本円を外貨に両替したうえで払い込む形になりますので、そのタイミングでのレートに換算した金額が必要になります。

そのため、為替手数料が自動的に発生するということには配慮しておく必要があります。この点は避けることのできないものとなっていますのであらかじめ了解が必要です。

FBSの口座開設方法を徹底解説

2020年3月11日

 

bitwalletでの入金

bitwalletは手軽に使うことが出来るオンラインウォレットの一つです。この仕組みを使って入金をするのであれば、あらかじめbitwalletに登録をしておく必要があるのは言うまでもありません。

日本語でのサービスもありますので、それを使って準備を行うのはそれほど難しいというものではありません。

 

仕組み上、FBSの取引口座名義と同じ名義でなくては利用することが出来ませんので、その点には注意をしておく必要があります。他人名義の口座からの入金はできないと考えておきましょう。

bitwalletでは個人情報の照会が必要になりますので、何かしらの書類を使って開設の手続きをしましょう。そこまで進めることが出来ればFBSの入金の仕組みで手続きが可能です。

 

Wire Transfer(海外送金)での入金

Wire Transferは銀行を使った取引の方法であり、入金で使用することが出来る仕組みであると同時に出勤の時にも役立つ仕組みであるため知っておいて損はありません。

海外のサービスで生じた利益をそのまま日本の銀行に振り込むことは不可能ですので、Wire Transferを利用して海外の銀行を経由して日本に送金します。

 

この仕組みを逆に利用して入金することもできますが、ほかの方法に比べて手間がかかると同時に手数料が必要になる場合が多いため、あまり有効なものであるとは言えません。

入金に使うことが出来る仕組みではありますが、出勤のために使うのでなければ入金の手順としてはあまりメリットのあるものではないかもしれません。

 

PerfectMoneyでの入金

PerfectMoneyというのは国際電子決済システムの一つです。2007年に作られた仕組みで長く運用されているものの一つです。

様々な国で使われている仕組みであり、USDやEURのほかに仮想通貨であるビットコインにも対応しているというのが特徴です。この点は新しい仕組みであるといえます。

 

それらの資産を使って運用をしたいと考えているのであればPerfectMoneyを活用するのは便利です。最初の入金はクレジットカードからも可能ですので、その後の資金管理の方法によってはこのPerfectMoneyの活用がメリットにつながることもあります。

いくつかある選択肢の一つとして利用を検討するのがおすすめの方法であるといえるでしょう。

 

まとめ

FBSの4つの入金方法について解説しましたが、いかがでしたか?

手間や手数料などを考慮して自分に合った入金方法を選んでください。是非参考にしてみて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です