【FXGT】口座開設の方法を4ステップで解説

この記事では、FXGTの口座開設の方法を4ステップで解説していきます。

これからFXGTをはじめる方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

1ステップ:口座開設の方法

FXGT公式サイト:https://jp.fxgt.com/jp/home

最大レバレッジ500倍にも対応可能な海外のFX業者であるFXGTは、追証がないので安心して利用することができます。自分が保有している資産以上の損失は出ない仕組みになっているので、初めてFXを行う人にもピッタリです。

そんなFXGTの口座開設には、氏名やメールアドレス、パスワードや居住国などの情報が必要です。この4つを入力して、規約など2箇所にチェックを入れて登録ボタンを押します。

 

その後に、メール認証のボタンをクリックすると、登録したメールアドレスにメールが届きます。

そのメールの中に認証を行うためのリンクが付いているので、それをクリックすればアカウントの作成は完了です。このように口座の開設は簡単に行うことができます。

 

2ステップ:アカウントの認証

アカウントの作成が終わったら、次にアカウントの認証を行っておきましょう。それを行っておかないと、入出金に制限が出てしまう恐れがあるからです。

全ての機能を使用することができるように、アカウントの認証をしっかり行っておくことがポイントになります。アカウントの認証はまずFXGTにログインして黄色の部分から認証作業に移行します。

 

アカウント認証で行うことは、個人情報の入力や本人確認書類の提出、住所確認書類の提出です。これらは基本的にすぐに用意できるものなので、事前に用意しておくことによってスムーズに手続きを行うことができます。

個人情報の入力では、性別や誕生日、国籍や電話番号、住所や投資者情報などを入力します。

 

3ステップ:本人確認書類と住所確認書類の提出

本人確認書類として利用できるものは、パスポートや運転免許証、マイナンバーカードや写真付き住民基本台帳カードです。これらの書類はパスポート以外だと裏表両方の写真をアップロードする必要があります。

裏表両方をあらかじめ用意しておくことが大切です。住所確認書類として使えるものは、公共料金の請求書や電話料金の請求書、クレジットの請求書や利用明細書、住民票などです。

 

これらは6ヶ月以内に発行されたものだけが有効なので、発行日に注意して良いするのがポイントになります。この2つの書類が用意できたらあとはアップして、証書の送信をすればOKです。

審査には数日かかるので、アカウントが認証されるまでしばらくかかります。

 

4ステップ:トレーディングアカウントの作成

これらことを行って、最後に行うのはトレーディングアカウントの作成です。FXGTで取引する際には、MT5という外部ツールが必要です。この外部ツールにログインをする為に、この作成が必要になります。

これを作成する方法は、アカウント認証後に出てくるポップアップかメニューから作成することができます。はじめに入力することは、アカウントのタイプとトレード通貨です。

 

通常の取引をしたいのであればライブ口座、いきなり取引するのは怖いと感じているのであればデモ口座を選択しましょう。

入金に対応している通貨は日本円もあるのでそれを選び、最後にレバレッジの設定を行えば登録は完了です。FXGTにはさまざまなボーナスも用意されているのでおすすめです。

 

まとめ

FXGTの口座開設の方法を4ステップで解説しましたが、いかがでしたか?

一つ一つしっかり確認しながら進めていってくださいね。是非参考にしてみて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です