FXGTのスプレッドについて徹底検証

この記事では、FXGTのスプレッドについて徹底検証していきます。

トレードを行うために、しっかりと知識を深めたいと考えている方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

FXGTのスプレッドは比較的狭くなっている

FX会社選びにおいて気になることの一つがスプレッドです。スプレッドとは、通貨の売値と買値の差のことですが、これがFX会社の手数料となるわけです。

当然のことながら、低く抑えられているほうが利用者にとっては有利なわけですが、「FXGT」のスプレッドは、他社と比較すると比較的狭いことがわかります。

 

際立って狭いというわけではないのですが、「XM Trading」や「is6com」など、主要なFX会社同士で比較してみると、スプレッドは狭く設定されており、有利に取り引きを進めていくことができます。

特に、短期売買をしやすいのが大きな魅力です。1回のスプレッドが小さくても、何度も繰り返しトレードをすればそれなりの額になってしまうからです。

FXGTのボーナスとキャンペーン情報をご紹介

2020年3月23日

 

主要通貨ペアでもFXGTは狭い

「FXGT」のスプレッドは、どの通貨に対しても狭くなっていますが、特に多くの人が取り引きを行っている主要通貨ペアで狭いのは魅力的なところです。

例えば米国ドルと日本の円を見てみると、「FXGT」のスプレッドは1.4pipsですが、他の大手海外FX会社の場合は1.6pipsと高くなっています。

 

ユーロと日本円とで比較してみても、「FXGT」のスプレッドは1.8pipsですが、他社は2.5pipsだったり、2.3pipsだったりと高くなります。

これは他の国の通貨に対しても同様です。そのため主要通貨ペアでFXをしたい方にとっては、「FXGT」がお勧めで有利であることが分かるわけです。なお、主要通貨ではありませんが、トルコリラ円を扱っているのは、3社の中で「FXGT」だけです。

 

仮想通貨のスプレッドは世界一狭い

「FXGT」のスプレッドが有利なのは通貨だけではありません。実は、仮想通貨においてもスプレッドの狭さは際立っており、なんと世界一の狭さになっています。

世界一スプレッドが狭いということは、当然世界一取り引きコストを抑えることができお得であるということです。

 

そのために仮想通貨の取り引きがメインであれば、最もおすすめであると言うことができ、取り引きコストを大幅に抑えることができるでしょう。

しかも、レバレッジも高く設定されており、その点でも魅力です。国内大手の「GMOコイン」や「DMM Bitcoin」と比較してみると、BTC/JPYにおける「FXGT」のスプレッドが210円であるのに対して、「GMOコイン」は280円、「DMM Bitcoin」に至っては547円と倍以上です。

 

仮想通貨をトレードする時にはFXGTがおすすめ

世界一の仮想通貨スプレッドを誇る「FXGT」は、仮想通貨をトレードするのに最もおすすめであると言えます。

たとえば日本でいまだ圧倒的な人気のビットコインのトレードをする場合、「FXGT」を選ぶのか、それとも他社を選ぶのかによって、コストが大きく異なってくるということです。

 

特に、頻繁にトレードを繰り返すことを好む方にとってはなおさらでしょう。その上で、アメリカドルやユーロのトレードにも興味がある人にも、他社との比較で比較的狭いスプレッドを設定しているため有利です。

さらに「FXGT」なら、MT5を使ってトレードを行うことができるので、使いやすく機能的な取り引きツールに求めている人にとってもベストです。

【FXGT】口座開設の方法を4ステップで解説

2020年3月21日

 

まとめ

FXGTのスプレッドについて徹底検証しましたが、いかがでしたか?

FXGTのスプレッドは他社と比較すると狭く、仮想通貨に至っては世界一狭いです。コストを抑えてお得に取引ができるのでとても魅力的ですね。是非参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です