FXGTの出金手数料が0円の理由とは?

この記事では、FXGTの出金手数料が0円の理由を解説していきます。

出金手数料を0円にするには何か条件があるのではと心配に思っている方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

出金手数料はFXGT負担になっている

FXGTは、セーシェルの金融庁の金融ライセンスを習得した海外FX業者です。新興企業分類となり、FXの取引の運営歴は差ほど長くはありませんが、日本語対応のサイトも用意されており、かなり使いやすい会社の1つと言えます。

その中でも特に大きいポイントは、出金手数料が0という点です。その分はFXGT負担という事になっており、入金の上限額はありません。

 

ちなみに現段階でFXGTで使える口座はスタンダードタイプのみでボーナス有、スプレッド広め、取引手数料0でスペックで提供されている事も押えておきたい点です。

低スプレッド口座や小口取引用の口座が無い所が、デメリットではありますが、運営履歴が差ほど長くは無い事から考えるなら、近い内に追懐される事が見込まれます。

【FXGT】口座開設の方法を4ステップで解説

2020年3月21日

 

出金方法は4種類ある

FXGTの出金方法は、クレジットカードと海外銀行送金、bitwalletに仮想通貨で全部で4種類程あります。入金の時と、同じ方法が使えると考えて下さい。

出金額の上限も、入金の時と同じ様に設定されていませんし、出金手数料も入金の時と同じ様に0で設定されています。ちなみに、最低出金額は5USDで海外に海外銀行送金のみ100USDで、此処も入金の時と同じです。

 

それぞれの特徴としては、「クレジットカードは手軽に作業が出来る」「銀行送金は信頼性が高い」「bitwalletは他の海外FX業者でも利用可能」「仮想通貨の場合を持っている場合は、仮想通貨でそのまま取引可能」となっています。

顧客の都合に合わせて、一番安定した物を選べるという点が大きいメリットと言えます。

 

クレジットカード入金の場合の注意事項

入金方法が多い事がFXGTの大きい魅力ではありますが、クレジットカードの場合には入金額までしか出金出来ない事を把握しておく必要があります。

つまり、利益分が出たとするならば、その分はクレジットカードではなく、他の出金方法にしないといけないという事です。

 

クレジットカードの出金とは、入金のキャンセル処理がされるという事と同じ意味の為であり、入金以上に出金するのは、この仕組から外れてしまう事になります。

ちなみに注意点は他にもあり、カード会社の締め日等を意識しておく事も重要になります。手続きの関係で、条件次第では着金に1ヵ月以上のタイムラグが発生してしまう事も珍しくありません。特に即金が欲しい様な時には要注意ポイントになります。

 

おすすめはbitwalletによる入出金

4つの出入金方法の内、最も手間が掛からないのはbitwalletによる物です。クレジットカードの時の様に入出金の際のタイムラグ問題や注意事項が無いですし、海外銀行送金時に発生するリフティングチャージ代等の問題も最小限で済みます。

その上、bitwalletは他のFX業者でも使用可能ですので、bitwalletについて熟知しておけば手続きを毎回変える等の手間が大きく省けます。

 

簡易にして、低コストである事も大きい魅力ですし、口座開設についても日本語でしっかりサポートが付いており内容が分かりやすい事も大きいポイントになります。

少額の出金やbitwalletを中心にして複数企業とやり取りをしなければならない様な時には、とても使いやすい方法と言えます。

FXGTのボーナスとキャンペーン情報をご紹介

2020年3月23日

 

まとめ

FXGTの出金手数料が0円の理由を解説しましたが、いかがでしたか?

出金手数料はFXGT負担になっているうえ、出金方法も複数用意されているので自分に合った方法を選ぶことができます。是非参考にしてみて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です