XMで出金する際の銀行送金のメリットと手数料を徹底検証

この記事ではXMで出金する際の銀行送金のメリットと手数料を徹底検証していきます。

XMである程度の利益を得てきた方は必見の記事となっています。それでは早速いってみましょう。

 

【注目のキャンペーン】今すぐの登録がお得!

キャンペーン概要

期間限定で口座開設だけで「3000円」の取引ボーナスが受け取れます!また、入金額に応じて最大で5000ドル(55万円相当)と無限ロイヤリティープログラムのポイントを獲得することができます。

 

 

XMは銀行送金ができる

XMで得た利益は銀行送金をし現金化することができます。この銀行送金は単に自分のXMから銀行の口座に出金する場合とは異なり、様々なメリットがあるのが特徴となっています。

その中でも銀行送金をおすすめするのはクレジットカードを持っていないという人や銀行という安心材料が欲しいという方向けです。

 

また、一般的には入金したルートでしか出金することができないので、複数の口座を持っている場合でも入金に使用したところしか利用できないと言うデメリットがあり、銀行送金の方が有利となっています。

銀行送金の場合には入金した以上に利益が出ても、その全てを出金することが可能です。クレジットカードの場合には入金額までしか出金することができません。

 

銀行送金の際の手数料

銀行送金をする際には、手数料が2000円から4000円程度かかります。これはそれぞれの銀行で手数料が定められているため、現金化をするために自分の利用しているところの手数料の設定に従うものとなります。

直接出金する場合の目減りに比べると金額が大きいほど有利になるため、非常に効果的な方法です。

 

一般的な現金化の方法では、同じようにその費用が2000円から4000円程度かかることになる上、ボーナスの分がXMの仕組みにより目減りしてしまうことから非常に出金率が悪くなります。

送金する場合には、この費用が2000円から4000円程度かかる以外にはすべての金額を現金化することができるので、非常に有利な方法となっているのです。送金できる銀行についてはXMの出金できる銀行一覧表をご覧ください。

 

銀行送金のメリットは利益分を出金できる点

銀行送金のメリットは利益の分を出金できる点にあります。

自分の口座に換金する場合にはボーナスの部分が出金できない上、現金化する金額と同じ金額のボーナスが手数料としてなくなってしまうので、非常に効率が悪くなってしまうことは言うまでもありません。

 

また、現金化する際の手数料もかかるので、非常に効率が悪いことになるのです。銀行送金を利用することでボーナスを使って利益を出した部分も現金にすることができる上、手数料は受け取り側の銀行の部分だけなので、非常に効率よく利益も出金することが可能となっています。

ただし現在は電信送金しかできないことになっているので、この電信送金を受け付けていない銀行もあるため注意をしなければなりません。

 

他の出金方法は入金額分しか出金できない

一般的な現金化の方法では、基本的には自分で入金した金額を上限として出金することができますが、ボーナスの部分は現金化することができないため、注意が必要です。

さらにそのための手数料もかかるため、高い利益を得ても大きく目減りしてしまうことになるのであまり良い方法とは言えません。銀行送金では現金化できるボーナスの部分が他の方法では現金化することができないため、多くのボーナスをもらっても掛け金に利用する以外には利用できないと言うことになります。

 

また得た利益を現金化することもできないため、銀行送金以外の方法を利用する場合には十分に注意をすることが必要となります。

XMでは様々なボーナス制度が設けられており、非常にメリットが大きいのですが、その点を知らないとせっかくのボーナスを効果的に利用することができないため意識をすることが大切です。

【2020年版】XMの口座開設を4ステップで解説

2019年9月22日

 

まとめ

XMで出金する際の銀行送金のメリットと手数料を徹底検証してきましたが、いかがでしたか?

出金にはボーナスの部分も現金化できるなど、メリットが多い銀行送金がおススメですので是非参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です