【IronFX】代表的な4つの入金方法

この記事では、IronFXの代表的な4つの入金方法について解説していきます。

入金の手間や注意点について知りたいと考えている方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

クレジットカードにて入金

IronFXはいくつかの入金方法がありますので、代表的なものをご紹介していきます。

クレジットカードは最もメジャーで簡単な入金方法です。入金一覧のページから「Credit/Debitcard」という項目を選び、必要な情報を入力するだけで結構です。

ただしVISAカードかMasterカードしか対応しておらず、それ以外の種類を持っている人は原則として別の手段を選ばなければなりません。

 

また入金する金額も、任意で決められるわけではありません。リストに表示されている一定金額の一覧から選び、毎度定額で入金をする形となります。

それらさえ注意をしていれば他の通販サイトなどと同じ感覚で登録できますから、以降は好きなタイミングで入金が可能です。番号や有効期限の情報などを、間違えないよう入力してください。

IronFXの4つの特徴を徹底解説

2020年4月12日

 

海外送金にて入金

海外送金も代表的な入金方法になりますが、マイページへの反映が若干遅いデメリットがあります。加えて手数料も多めに掛かるため、余程理由がない限りは国内送金の方が賢明かもしれません。

ただし最近はこの手数料も続々と安くしている会社が登場し、単純な使いやすさを重視して海外送金を選ぶ人も増えてきました。

 

よって反映が遅くともこちらの方がいいという人や、ある程度使い慣れているという人であれば、十分におすすめができる方法になります。

初心者の人は、無難に別の方法にしてください。一度に大金を送金したい人も、海外送金は限度額が厳しいため念頭に置いておくべきでしょう。少額の入金でなければ、この方法は向いていないと言えます。

 

bitwalletにて入金

Bitwalletでの入金の際は、初回に限り少し手間が掛かります。入金操作後にBitwalletアカウントの登録情報をスクリーンショットし、IronFX側にメールで送らなければなりません。

具体的にはアカウントの登録氏名、そして登録メールアドレスが判る画面を撮影します。これを行うことで間違った入金ではないという証明代わりにしますので、面倒に感じても必ずやっておきましょう。

 

2回目以降に入金する場合は、もうこのような作業は必要ありません。ただその後も何かしらの連絡や問い合わせにメールアドレスは使うため、BitwalletもIronFXも大切に登録情報を保管しておいてください。

別のメールアドレスにしておくと、混同するリスクがなく便利です。

 

仮想通貨にて入金

クレジットカードや現金を動かしたくない人は、仮想通貨で入金するのがおすすめです。現在ではBitwalletが本当に優秀なので、あまりこの方法を選ぶ人は少ないかもしれません。

ただ仮想通貨への投資で稼いだものを、そのままIronFXに流用させられるといったメリットも魅力的です。

 

ですが入金後に通貨へ変換するまでややタイムラグがあり、その間に価値が減少し意図した入金額とは違ってしまうリスクが潜んでいます。そこまで短期間で大規模な損失は考えられないものの、念のため注意をしておいてください。

手数料は、海外送金などと比較するとかなり安いです。もともとの仮想通貨の良い部分はこれですし、継続して入金する予定の人も助かることでしょう。

【IronFX】4ステップで口座開設する方法

2020年4月4日

 

まとめ

IronFXの代表的な4つの入金方法について解説しましたが、いかがでしたか?

クレジットカードが王道ですが、取引方法や使いやすさなどで自分にあった入金方法を選んでくださいね。是非参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です