IronFXのレバレッジについて解説

この記事では、IronFXのレバレッジについて解説していきます。

国内業者との違いや取引の幅について知りたいと考えている方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

ライブ口座は最大で1000倍

IronFXでは相対取引口座であるライブ口座と、市場に直接注文を流すSTP/ECN口座の2種類に分かれます。

ライブ口座では最大で1000倍のレバレッジをかけることができますが、入金額に対して取引量を減らせば、証拠金維持率が上昇しますので、リスクを抑えた取引をすることも可能です。例えば1万円の入金では1億円分の外貨の取引ができます。

 

限界まで購入すればレバレッジは1000倍になりますが、5000万円分の外貨の取引に抑えれば500倍、1000万円分の外貨の取引に抑えれば100倍になります。

損益に合わせてレバレッジは上下しますので、ある程度余裕を持った投資を行わないとロスカットになる可能性もあります。特に相場急変時はスプレッドが開くこともあるので注意しましょう。

 

STP/ECNは最大で500倍

ディーラーを介さないNDD取引口座であるSTP/ECNは古い情報では最大500倍となっている記事もありますが、現在は最大200倍までです。

注文は直接市場に流れていくため、ディーラーによって取引が相殺されることなく、透明性の高さが魅力となっています。レバレッジは高ければ高いほどハイリスクハイリターンになります。

 

200倍でもかつての日本で利用できていたFXと同じくらいのレバレッジなので、十分に利益を生むことはできます。取引のスタイルに合わせて自分に合った口座を選択すると良いでしょう。

STP/ECN口座のほうがレバレッジが低い分、最低入金額も高めになっています。資金が少ない場合はライブ口座のほうが良いでしょう。

IronFXの3つのボーナスを徹底解説

2020年4月5日

 

国内業者では最大で25倍

日本もかつては現在の海外FXのように高いレバレッジで運用することができたのですが、金融庁の規制が入ったため、現在は最大で25倍、さらに引き下げて10倍にしようという案も出ています。

実際の実施時期はFX会社の猛反発があったため見送られていますが、将来的には25倍から変動する可能性もあります。レバレッジは低ければ低いほど安全に資産運用できるようになりますが、利益も出しにくくなります。

 

また、一回の取引に必要な証拠金の金額も高くなってしまうため、手持ちの資金が少ない人は取引量を増やすことができず、現在の日本のFXは海外FXのように夢のある金融商品ではなくなってきています。

外貨預金と違ってFXの預入金は信託保全で守られている点はメリットと言えるでしょう。

 

海外業者の方が効率的に資金を運用できる

レバレッジの差がある分、同じ資金量で取引をするのであれば高いレバレッジで運用できる会社のほうが効率的に資金を増やしていくことができます。

小さな値動きでも損益が膨らみやすい海外FXでは、わずかな値動きから利益を得ようとスキャルピングをする人も多くいます。

 

海外FXは国内と比較するとスプレッドが広い会社が多いため、小刻みに売買を繰り返して利益を増やす場合は選んだ会社のスプレッドの広さにも注意しておく必要があります。

また、スワップが国内の業者よりも低いケースが多いため、日をまたいで保有するときはスワップも確認しておきましょう。国内業者でプラスでも海外ではマイナスに設定されていることも珍しくありません。

【IronFX】4ステップで口座開設する方法

2020年4月4日

 

まとめ

IronFXのレバレッジについて解説しましたが、いかがでしたか?

高いレバレッジで運用できるので、その分リスクもありますが、効率よく資金を増やすことができます。是非参考にしてみて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です