FBSのスプレッドを徹底検証

この記事では、FBSのスプレッドを徹底検証していきます。

XMのスプレッドとも比較して解説していますので、他のFXとの違いが知りたいと考えている方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

FBSの平均スプレッド

FBSの平均スプレッドは一般的な口座とほぼ同等となっており、ボーナスやレバレッジが広く取られがちなものほどその割合が高くなっている点が特徴となります。

特にマイクロ口座ではスプレッドが大きめに現れている傾向がありますが、これはマイクロ口座のレバレッジが非常に広いと言う影響があり、そのためにFBSだけでなくその他のものでも大きくなりがちな傾向が示されています。

 

さらに、スプレッドが設定されない場合には手数料が発生することとなっているため、これらを上手に見極めて利用することがポイントです。

平均スプレッドからはその他の仕組みと同等の性質を持っていると考えられ、比較的安心して利用することができる仕組みとなっているのも魅力です。

FBSの代表的な口座タイプ3つをご紹介

2020年3月16日

 

FBSのスプレッドXMと比較(STP口座)

FBSの特徴は、円を軸にした場合の通貨ペアではスプレッドは広く、逆にドルを軸にした通貨ペアの場合は狭く設定される傾向があります。

特に円との通貨ペアでトレードを行う場合には比較的リスクが大きくなる傾向があるため、あまり向いていないと考えられます。従って、この場合にはXMの方がスプレッドが落ち着いているとみられ、FSBよりも適していると考えられる面が感じられます。

 

ドルとの通貨ペアでトレードする場合は、XMの方が広くなる傾向があり、FBSの方が向いています。

そのため、円を軸にした通貨ペアの場合にはXMの方が扱いやすいと考えられる傾向がありますが、ドルを軸にする場合にはFBSの方が良いと考えられます。

 

FBSのスプレッドXMと比較(ECN口座)

FBSのスプレッドが少し狭い印象がありますが、ECN口座にはAxioryやTitanFXなどのスプレッドが低いところもあるため、それぞれの特性を見極めた上で個別に選ぶことが非常に良い方法と考えられます。

上級テクニックとしては、基本はFBSを利用しながら、それぞれの通貨ペアに応じてECN口座を追加で作ることでこれらの特性を上手に使い分け運用することがより効果的と考えられるのが特徴です。

 

スタンダード口座やセント口座ではボーナスがあり有利と考えられる面がありますが、これを使い切った場合にはリスクが非常に高まる可能性もあるため、ボーナスを使いきったらECN口座を追加して切り替えると言う方法が効果的で、さらに安定した運用を行うことができると考えられます。

 

FBSは他のFXと同レベルのスプレッド

FBSはスタンダード口座やマイクロ口座などに比較するとスプレッドが広い印象がありますが、その通貨ペアでも異なるのでこの見極めを行いながら利用することが重要です。

特に日本円の場合にはスプレッドが広い印象があるため、利用するものによりリスクが高まる危険もあると考えるのが妥当です。

 

しかしドルを軸にした通貨ペアの場合には逆に狭くなってしまうことから、通貨ペアによって使い分けるのも良い方法となっています。

他のFXに比べるとそれぞれの通貨ペアによりばらつきはありますが、総合的には同レベルと考えることができるため、個別に比較をして自分にとって有利なものを利用することが良い方法となり、これらのスプレッドの数字を通貨ペアに割り当てて比較しながら選ぶことが効果的なトレードを行う方法です。

FBSの口座開設方法を徹底解説

2020年3月11日

 

まとめ

FBSのスプレッドを徹底検証しましたが、いかがでしたか?

通貨ペア等に合わせて最適な方法を選んでくださいね。是非参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です