XMと国内FX業者のスプレットを徹底検証

この記事では、XMと国内FX業者のスプレットを徹底検証していきます。

XMを利用するメリットなども詳しく解説していきます。

それでは早速いってみましょう。

 

XMは国内FX業者より1pipsほどスプレットが広い

FX取引を行う際に意識しなければいけないのはスプレッドの広さです。

実際に取引を行う際に自分が入金した金額よりもスプレッドの広さ分だけで損失を伴うリスクが大きくなるので、一般的にはスプレッドが狭い取引会社を選ぶ方がより効率の良い取引ができることになっています。

 

そのため国内のFX取引会社の多くは0.1pips程度を基準にして行っていることが多いのですが、XMの場合にはこのスプレッド1が1pipsほど広くなっているのが特徴です。

すなわちそれだけで取引リスクが大きいと言うことになり一般的にはあまりメリットがあるものではありませんが、実際には様々なメリットが存在しているためこのスプレッドの広さを補って余りあると言われているのです。

XMと国内FX業者のスプレットを徹底検証

2019年11月9日

 

XMはスプレットが広い分のメリットがある

XMは現在非常に広く利用されているFXの取引会社です。

スプレッドが広いことからあまり人気がないと思われがちですが、実際には様々な取引所のメリットがある上、スプレッドの広さもこれらのメリットを発生させるために行っていると思われる部分もあるのです。

 

XMを利用することで非常に高度な取引を簡単に行うことができる上、リスクの回避を効果的に行うことができるのがポイントとなっており、そのために様々な機能面や運用面でのメリットを受けることができるようになっているため、非常に利用しやすいものとなっているのが特徴です。

FX取引を行う際には単純にスプレッドの広さだけでなく、様々なポイントに関してチェックをすることが必要で、XMはこれらの要素を十分に満足していると思えるものとなっています。

 

XMのスプレットを補うだけの6つのメリット

XMのスプレッドは国内のFX取引会社のスプレッドに比べて非常に広く感じることが多いのですが、これを補うだけの様々なメリットがあります。

以下6つが代表的なメリットとなります。

  1. 口座開設時のボーナス
  2. 入金時の100%ボーナス
  3. レバレッジが888倍
  4. 約定スピードが非常に速い
  5. MT4などの高機能なトレードツールを利用することができる
  6. ゼロカットシステムがある

 

非常に効率的に投資を行うことができる仕組みが整えられているほか、証拠金以上の損失が出ないという点が最も魅力的だと思います。これらのメリットを享受して口座開設したい方はXM公式サイトより行いましょう。

 

ゼロカットシステムとは?

ゼロカットシステムは「マイナスになって決済されてもマイナス分の支払いを請求しない」というものです。

もっと具体的に説明るすと、急な相場変動や思った方向とは別方向に相場が動いた場合にロスカット等が行われる場合があります。その時にマイナスとなった証拠金に関してゼロにするという仕組みです。

 

日本国内業者にはこのゼロカットシステムがありませんので、「FXで借金」してしまったというのはよくある話です。

トレードする時には必ずゼロカットシステムがあるXMで取引をすることをおすすめします。さらに詳しいゼロカットシステムについてはXMのゼロカットが驚異的すぎる!その全貌を徹底検証していますのでご覧ください。

 

XMのXERO口座のスプレットは狭い部類

スプレッドが広いと言われているXMですが、その中でXERO口座はその値が0.1pipsと低く設定されているのが特徴です。

これは一般的なXMの口座とは異なり、そのメリットである口座入金ボーナスが適用されなかったり、レバレッジが500倍に抑えられていたりと一般的な物とは異なり日本のFX取引会社の様々な機能に近い要素を持っている点が特徴となっています。

 

XERO口座はスプレッドが狭い分取引リスクは非常に小さくなるのですが、ボーナスが少ない上レバレッジも低く設定されているので大きな利益を得るためにはあまり向かないと考えることもできます。

またXMのもう一つの特徴である様々な先物取引に利用できる点も削られているので、初心者向けのものと言えるものとなっているのが特徴です。その他の口座については【全3種類】XMの口座タイプを解説していますのでご覧ください。

 

まとめ

XMと国内FX業者のスプレットを徹底検証しましたが、いかがでしたか?

XMはスプレッドが広いですが、得られるメリットも非常に大きいです。是非参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です