XMの口座解約ができない時の対処法

この記事では、XMの口座解約ができない時の対処法を開設していきます。

解約方法が難しいと感じている方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

原則、XMの管理画面より解約申請可能

XMの口座に関する手続きは、原則的に管理画面で申請を行う形となっています。解約を希望する時も同様に、管理画面にアクセスしてから解約申請をするのが基本です。

電話やメールで手続きを済ませることはできないので、口座解約にはインターネット環境が必要ですし、即座に解約を完了することは難しいわけです。

 

しかし、管理画面で簡単に申請できるのは便利ですし、条件に問題がなければいずれ手続きの完了となります。管理画面において上手く申請が行なえない場合は別ですが、通常は解約に関する問い合わせをしても、画面にアクセスして手続きをするように指示されます。

日本語表示で特に理解しにくい表現はなく、分からない部分の説明は受けられますから、難しく考えなくても大丈夫です。

XMの口座解約方法を簡単に解説

2019年11月30日

 

XMの口座解約は条件が2つ存在する

XMの口座解約を行う為には、主に2つの条件が存在しています。1つは取引口座が有効で使える状態にあること、もう1つは出金や内部送金等の操作が行われていない2点です。

どちらかの条件が外れていると、正常に解約できない恐れがありますから、XMは管理画面における手続きを制限します。ただ、条件に抵触するケースは限られるので、大抵は問題なく手続きが始められたり、スムーズに解約の完了となるでしょう。

 

長期的に取引口座を使っていなかったり、何らかの操作をして完了していない状態であれば、口座解約に時間が掛かることが予想されます。

それでも、XMが要望に対して的確な対応を行いますから、万が一上手く口座解約ができない状況になっても心配無用です。

 

口座解約の条件1:取引口座が有効であること

口座解約の条件その1は、XMの取引口座が有効な状態にあることです。開設手続きが途中で有効化されていなかったり、取引が見合わされている状態の口座は、この条件に当てはまらないので解約は不可能です。

取引口座を解約するには、文字通り問題なく取引が行える状態にすることが先決です。開設の手続きが終わっていない場合は、手順を確認して最後まで手続きを進めましょう。

 

取引口座が停止や凍結されているなら、理由を確認した上で取引できる状態に回復する必要があります。口座解約ができない状況には、それなりの理由が必ずありますから、まずは原因を突き止めることが大事です。

取引口座が有効でないとしたら、何故無効状態になっているのか確かめるのが正解です。

 

口座解約の条件2:出金や内部送金等の操作を行っていない場合

口座解約にはもう1つ、出金や内部送金等を行っていない条件があります。これは、操作を行い手続きが完了していない状態で口座解約をしようとすると、不整合が生じる恐れがあるのが理由です。

だからこそ、出金や内部送金といった操作を行い完了した後であれば、問題なく次の手続きに入ることができます。出金操作をして出金が長引いたり、内部送金が何時までも完了しないとしたら、それは何らかの理由があるはずです。

 

この状態では口座解約の操作を受け付けませんし、仮に手続きに入って先に進めても、完了には至らないと思われます。

口座解約を行うには、正しい順序で手順を踏むことが求められるので、順番を飛ばして結果だけを求めようとするのは間違いです。

XMで口座凍結になる4つの理由

2019年11月28日

 

まとめ

XMの口座解約ができない時の対処法を解説しましたが、いかがでしたか?

口座解約は管理画面から簡単に行えますので、解約条件を確認してから手続きを進めて下さいね。是非参考にしてみて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です