XMで「出金拒否された」時の原因と対処法

この記事では、XMで「出金拒否された」時の原因と対処法を解説していきます。

出金ができなくて困っている方は必見の記事となっています。それでは早速いってみましょう。

 

【注目のキャンペーン】今すぐの登録がお得!

キャンペーン概要

期間限定で口座開設だけで「3000円」の取引ボーナスが受け取れます!また、入金額に応じて最大で5000ドル(55万円相当)と無限ロイヤリティープログラムのポイントを獲得することができます。

 

原因①:入金と同じルートで出金していない

XMでの入金にはいくつかの種類がありますが、出金を行えるさいに上限がなく行えるのは海外送金に限られます。入金方法にはクレジットカードやウォレット、海外送金があり、いずれも出金することができます。

この際にクレジットカードで入金した金額はクレジットカードを通じてしか行えず、ウォレットも同様です。つまりクレジットカードで入金したぶんについてはウォレットや海外送金で出金することはできません。

 

またクレジットカードやウォレットでは入金したぶんしか出金することができず、上限なく出金できる方法は海外送金に限られます。

これらは外国とお金をやり取りをするさいにマネーロンダリングを防ぐために行っているもので、これらに従う必要があります。

XMの入出金方法3パターンと注意すべきルールを徹底解説

2019年9月30日

 

原因②:名義等が間違っている

入金した金額は入金したルートで出金することができますが、利益を得た場合には海外送金でしか出金することができません。しかし、ここでトラブルになるケースもあり、そのひとつが名義の間違いです。

原則として、XMで開設した口座名義と送金先の銀行口座の名義人が同じ必要であるため異なる場合には出金が拒否されます。

 

これは国内の業者を使った場合も同様ですが、たいていの場合には身分証明書を確認した上で開設することからトラブルになることはありません。

しかしXMでは出金手続きをするまでは厳密な身分証明書によるチェックは行われませんから、登録時の名義と銀行口座の名義が間違っているような場合には、やはり出金を拒否されることになります。

 

対処法①:出金ルールを確認する

クレジットカードの出金では、サービス利用をキャンセルしたというもので出金というよりは返金という扱いです。

またウォレットサービスでは外国とのお金をやり取りをするルールとして入金した金額以上の出金は認められません。入金したぶんの範囲内であれば入金した時のサービスで出金することが出来ますが、異なるような場合には海外送金を使って出金する必要があります。

 

ただし、海外送金の場合には他のサービスと比べると手数料が高くなり、1回あたり2,000円から4,000円程度必要です。手数料に違いがあるのはリフティングチャージと呼ばれる国内での受取手続きにかかる手数料が、銀行によって異なるためです。

それに海外送金は対応している国内銀行が限られるため、対応している銀行の口座を開設している必要があります。

XMの入出金方法3パターンと注意すべきルールを徹底解説

2019年9月30日

 

対処法②:名義が合っているか確認する

XMに登録している名義と、出金先の名義が異なっている場合には出金を拒否されることがあります。

登録時の名義と口座の名義が同一であることが必須ですが、場合によっては綴りが間違っていることも考えられますし、結婚などで姓が変わることもあるものです。

 

基本的に、同じものでなければ出金は断られるものですが、登録時と異なる名義の場合にはサポートに連絡することで対処してもらえることがあります。

XMは日本語でのサポートも行っているので、英語しかサポートしていない海外FX業者と比べて対処してもらいやすいものです。

 

また海外送金に対応している国内銀行は限られますから、事前に対応している口座を確認し、その上でXMに出金口座を登録することが大事です。

出金できないかといって「詐欺?」と疑う方もいると思いますので、その際にはXMは詐欺会社なのかを徹底検証していますのでご覧ください。

 

まとめ

XMで「出金拒否された」時の原因と対処法を解説しましたが、いかがでしたか?

1つ1つ原因を確かめて対処していって下さいね。是非参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です