Axioryの口座開設を4ステップで徹底解説

この記事では、Axioryの口座開設を4ステップで徹底解説していきます。

これからAxioryをはじめようと考えている方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

1ステップ:個人情報の入力

Axioryの口座開設に際して最初に行うのが、基本的な個人情報の入力です。名前やメールアドレス、電話番号や住所などを記入するだけで、特に難しいところはありません。

しかし注意点がいくつかあり、まず名前の入力はアルファベットと漢字の両方を使います。日本のサイトでは平仮名でふりがなを付けることが多いですが、こちらは海外FXですからアルファベットで正しく記入しなければなりません。

 

電話番号も大抵の人は携帯電話の番号を用いるでしょうが、一番初めの0から入力するよう気を付けてください。090や080という頭の番号は、本来海外のサイトでは省く場合がほとんどです。ですがAxioryでは必要となっています。

その他、住所に関してもアルファベットでの入力を求められます。綴りを間違えないよう、よく確認をしておいてください。

 

2ステップ:投資に関する質問を入力

次に投資に関する質問に回答するのですが、こちらは過去の金融取引の経験についてや、学歴や年収といったステータス的なものについて質問をされます。

特に審査をされているわけではありませんので、後から整合性がなくなるような嘘を書くのは止めておきましょう。

 

項目としては最終学歴、現在仕事をしているかどうかや大体の資産額、金融業界への知識の有無を確認されます。或いはAxioryをどういう目的で利用するのか、どれくらいの投資期間を予定しどこからそのお金を出すのかなども答えるようになっています。

金融業界への知識や経験は、不安なら未経験と答えるのがおすすめです。つい見栄を張りたくなる項目が多くありますが、全て正直に記入をしましょう。

 

3ステップ:取引口座詳細の入力

取引口座の詳細を入力する画面では、レバレッジなどの選択を行います。レバレッジは投資初心者の人にはよく解らない数字でしょうから、一旦最大値である400倍を選んでおけば問題ありません。後々になって知識を蓄えてから、変更することもできます。

プラットフォームも、判らなければMT4を選んでおくと無難です。アカウントタイプではスタンダード口座という項目を選び、通過は日本円を意味するJPYを選択しましょう。

 

全くの未経験から始める場合、ここの入力が最も躓きやすいところになります。ただ今述べた内容に従って入力していれば、解らないままでも始めることは可能です。

口座開設をしてから、具体的に勉強していっても決して遅くはありません。

 

4ステップ:身分証の提出

最後は身分証の提出、こちらは事前に撮影していた写真をパソコンなどを通じてアップロードします。後で提出することもできますが、提出が終わらないと投資を始めることはできません。

ですから他の項目を入力したその流れで、そのまま提出するのがおすすめです。ちなみに身分証は、顔写真が入っているものでなければいけません。

 

運転免許証やパスポートが必要であり、加えて住所証明書類も求められます。こちらは住民票や公共料金明細、クレジットカード明細が該当しますが、いずれも発行から6ヶ月以内の状態でなければ認めらないので注意してください。

最後に、自分を撮影した自撮り画像を送付すれば終了です。携帯電話で撮影をして、アップロードしましょう。全て終われば、晴れて口座開設への手順は完了となります。

 

まとめ

Axioryの口座開設を4ステップで徹底解説しましたが、いかがでしたか?

一つ一つ確認しながら確実に進めていってくださいね。是非参考にしてみて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です