海外FXの税金は高いのか?徹底解説

この記事では、海外FXの税金は高いのか徹底解説していきます。

国内FXの税金も紹介しているので節税したいと考えている方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

【国内】FXの税金

日本のFXをやっていると税金はみな、同じ条件になります。というのも、税率は利益に対して一律になっていて、20.315%と決まっています。

つまり、小額の利益でも何千万と稼いでも同じ税率です。一律の税率だと計算するのは簡単で、むしろわかりやすいかもしれません。ただ、実際に税金分を差し引かれる段階になると、かなり負担を感じる方が多いです。

 

というのも多くの方の利益金額だと、20.315%だと税金の占める割合が多くなります。そのためせっかく稼いだ金額でも、自分のところに残るのは少ないと感じてしまうのです。

わかりやすいと言うメリットもいいのですが、一定以下の利益では税金が重いというデメリットもあるのが日本の仕組みです。

 

【海外】FXの税金

日本のように税率は一定ではありません。累進課税制度で利益が多いほど税率も高くなる仕組みになっています。

そのため、海外FX業者を利用したときには、自分で利益がどのくらいあるのかを把握してからではないと、税率が変わってきて正確な税金は出せません。

 

もちろん、累進課税は少額の利益だと税率も低く、利益が多くなるほどアップします。例えば海外FXで年間で1000万円の利益が出たとします。税率は住民税の10%と所得税33%の合計で43%にもなります。逆に年間利益が190万円なら15%にとどまります。

このように利益によって大きな差が出るのが海外FXです。どのくらいの利益が出るのかは事前に調節ができないこともありますが、頭に入れておくようにしましょう。

 

330万を超えると国内の方がお得?

日本でのFX業者の場合は税率は20.315%と決まっています。海外FX業者だと累進課税なので、利益金額によって段階的に税率が決められています。

日本と海外のどちらがお得かは、利益によって変わってきます。その境目と言われているのが330万円です。日本のFX業者で330万円を稼いだ時には20.315%です。

 

逆に海外FX業者だと30%が税率です。実は海外FX業者の場合は330万円未満だと20%ですから、この330万円のラインで大きく税金の負担が違ってきます。

日本のFX業者と税率で逆転するので、そこ金額を境にしてお得度で大きな差が生まれます。自分がどこくらいの稼ぎを目標にしているかで、どちらの業者を選ぶかが節税の分かれ目です。

 

法人口座など活用すれば海外の方が断然お得

ある程度の金額をFXに投じるなら、日本のFX業者の方が税率が低くてお得と思ってしまいます。ただ、一概にそうは言いきれません。海外FX業者の場合は法人口座の利用者にはお得な仕組みを用意しています。

これをうまく活用することで、日本のFX業者の利用よりもグッとお得になります。海外FX業者の場合は法人かすると税率が低くなり、21.8%から33.2%となっています。

 

そのため、ある程度の金額を稼げるなら法人化して、節税するほうがお得です。法人かすると経費で落とせるものも出てくるので、その点からも効果的です。

法人口座への税率は年間利益額によって幅があるので、計算してみるとどのくらいお得に節約できるかがわかります。

 

まとめ

海外FXの税金は高いのか徹底解説しましたが、いかがでしたか?

330万以上利益があるなら、国内もしくは法人口座で少しでも節税につなげて下さいね。是非参考にしてみて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です