海外FXで口座凍結はあるの?実例も含め解説

この記事では、海外FXで口座凍結はあるのか実例も含め解説していきます。

どのような行為で口座凍結されるのかしっかり理解を深めたいと考えている方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

海FXの口座凍結はある

海外でFXを始める場合は、口座凍結の可能性について理解することが必要です。実際に口座凍結はあるのかといえば、過去に発生した事例が存在するのであるといえます。

理由は口座の利用における規約違反が大半で、使い方が海外FX会社の意にそぐわなかったり、悪用の恐れや不正が疑われると凍結されやすくなります。一旦口座が凍結されると、解除は難しく再開できるか分からないこともあるので、凍結されないように利用することが重要です。

 

勿論、理由のない理不尽な口座凍結は行われませんから、ルールに従い規約を守れば大丈夫です。といっても、日本のFX会社と同じ感覚で利用していると、規約の違いから口座凍結に至ることはあり得ます。

油断がリスクを高めますから、利用を始める前に隅々までルールを確認するのが賢明です。海外FXの口座凍結例は思いの外多く、特に悪用が懸念される口座の利用において、規約違反を理由に出金が拒否されたりします。

これだけは注意!海外FXの禁止事項を3つご紹介

2020年5月30日

 

長期間の取引がない場合

海外FXで良くある口座凍結の原因の1つは、長期間取引が確認されないケースです。これは海外FX会社によりますが、口座開設から一定期間、取引が行われない状況が続くと、休眠と見なされて口座管理手数料が残高から引かれる例があります。

期間は海外FX会社ごとに異なりますが、数ヶ月から半年程度取引しないと、休眠口座状態になって口座凍結の恐れが強まります。

 

口座残高がなくなると、口座管理手数料が支払われませんから、口座の維持が難しくなって凍結となります。ただし、このケースの場合はサポートに連絡したり、求められる書類を提出することで解除、利用の再開が可能です。

何度も休眠と再開を繰り返すケースの対応は未知数ですが、大抵はサポートが口座利用再開に対応しているので安心です。

 

ボーナスの不正取得

口座開設や入金でもらえるボーナスの不正取得の場合も、口座凍結になる事例が発生しています。不正取得とは、本来受け取る権利を持たない人が受け取るだけでなく、条件を満たさずに出金してしまった場合があてはまります。

海外FXのボーナスは、それだけの出金は不可能で、取引用に提供されることが殆どです。取引で得た利益は当然ながら手にできますが、ボーナスだけを受け取って出金すると不正にあたります。

 

手続き上は出金が可能だとしても、本当に引き出してボーナスを手にしてしまえば、不正取得といわれて口座が凍結されても仕方がないです。

しかも、取引がない口座凍結のケースとは違い、サポートの対応に期待できなかったり再開が難しいので要注意です。

 

禁止されているトレード行為を行なった場合

海外FXではツールのMT4が主流ですが、システムトレード機能のEAを使い過ぎると、禁止されるトレード行為に抵触して出金の拒否、もしくは口座凍結になります。

裁定取引のアービトラージも、海外FXだと禁止されていますから、故意かどうかを問わずうっかりトレードしてしまうと大変です。

 

禁止されているトレード行為は、海外FX会社ごとに違う部分もあるので、やはり口座を開設したらルールを確認することが不可欠です。

しかし、何を持って禁止行為とみなされるかは、海外FX会社の裁量による部分もあります。口座が凍結されてしまうと、利益を得ていても出金できなくなってしまうので、不正が疑われるようなトレード行為は慎むのが原則です。

海外FX業者おすすめの4業者をご紹介

2020年5月4日

 

まとめ

海外FXで口座凍結はあるのか実例も含め解説しましたが、いかがでしたか?

基本的にはルールを守って取引をしているだけで口座凍結されることはありませんので、しっかりと規約を確認することが大切ですね。是非参考にしてみて下さい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です