海外FXでVPSは利用するべきか?徹底検証

この記事では、海外FXでVPSは利用するべきか徹底検証していきます。

海外FXをもっと快適に利用したいと考えている方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

そもそもVPSとは?

VPSは海外FXで役立つツールの一つです。VPSはVirtualPrivateServerの略であり、利用することによって高速なサーバーでトレード出来るようになります。

これにより約定速度等も高まってきますし、FX会社のサーバーに近いサーバーを用いることも可能です。特に海外FXをする際にはVPSを活用することが大事になっています。

 

海外FXのサーバーは日本からはかなり遠いですから、注文が実際に届くまでに数秒はかかってしまうのが普通です。しかし、VPSを用いることによって、日本にイながらにして最高のスピードで約定が期待できます。

おまけにセキュリティ面でも強いだけでなく、サーバーダウンの可能性もほぼゼロです。

海外FXのおすすめ自動売買システム3選

2020年7月12日

 

海外のVPSを利用するメリットとは?

海外のVPSは利用価値が大変高くなっています。海外FXサーバーをする場合には先述したようなメリットがありますし、海外のサービスは安いところが多くなっているのが特徴。

また、カスタマーサービスも日本語で対応しているところも多くなっています。こうした海外のVPSを利用することで、通常は使いにくいこともある海外FXであっても最高のパフォーマンスで利用することができます。

 

何より海外のVPSはEA対応しているといったような特徴もありますから、こうした自動売買システムを使いたい場合にはうってつけでしょう。

海外のサービスは秘匿性も高いことから、友人や家族等に海外のVPSを用いてFXをしていることが知られることもありません。

 

代表的なVPS:Amazon EC2

ここではそんな海外のVPSを具体的に紹介します。まず、AmazonEC2は有名な海外のVPSの一つです。AmazonEC2は有名な通販サイトのAmazonが運営しており、実にセキュリティ面で優秀なことが特徴です。

加えて、かなり多様な地域のサーバーを選べることから、多様な国の海外FX会社を利用していても問題ありません。しかし、価格的には少し高いのが玉に瑕かもしれません。

 

その一方、日本人でもカスタマーサービス等が使いやすいですし、もしもの際にも対応してもらいやすくなっています。

何かと無難なのがAmazonEC2ですから、とりあえず使える海外のVPSを探しているという場合には検討してみるのも良いかもしれません。

 

代表的なVPS:さくらのvps

さくらのvpsは日本人にとって使いやすいVPSサービスの一つです。こちらのVPSサービスはとにかくサーバーの通信速度が高速であり、高速約定等が必要となるスキャルパーに最適でしょう。

他にも、自動売買システム等も起動させることが出来ます。こうした特徴もさることながら、価格的実に安いこともあり、試験的にVPSを導入したい場合にもおすすめです。

 

欠点らしい欠点もないので、とりあえず導入して使い心地を確かめてみると良いでしょう。

多様なプラットフォームにも対応しており、MT4からCtrader等に至るまで、色々なプラットフォームが利用できるのも利点。カスタマーサービスも充実しており、問題を迅速に解決できます。

海外FXのメリット・デメリットを徹底解説

2020年6月18日

 

まとめ

海外FXでVPSは利用するべきか徹底検証しましたが、いかがでしたか?

サーバーの通信速度や自動売買システム、安全面などVPSの利用にはメリットが大きいですね。是非参考にしてみて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です