海外FXのおすすめ自動売買システム3選

この記事では、海外FXのおすすめ自動売買システム3選を紹介していきます。

どの自動売買システムにしようか悩んでいる方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

1位:GEMFOREX(ゲムフォレックス)

海外FXの中でも、自動売買システムで抜群の知名度を誇るのが、GEMFOREX(ゲムフォレックス)です。人気の理由は、自動売買ソフト(EA)を1500種類以上が用意されており、条件をみたすとEAを各種使い放題になることです。

EA使い放題サービスとは、一月あたりきめられた数までであれば、ダウンロードして利用できるというもの。

 

一般的にEAは1種類あたり数千円から数万円ほどのコストがかかるので、トレードによる収益のチャンスが広がります。

この使用可能数は入金している金額により変動します。月5万円以上で1種類までですが、100万円以上入金していれば、好きなだけEAをダウンロードできます。また残高が5000ドル以上だと、VPSの費用も無料です。

 

2位:FBS(エフビーエス)

海外FXのFBSはEAの提供はないものの、VPSの利用の条件がゆるく、安全性の高いトレードをリーズナブルなコストで実現できます。

VPSとは、仮想個人用サーバーの意味で、簡単にいえば自分専用のサーバーを外部に構築することです。具体的にはPCの動作が停止やクラッシュ、誤動作などに遭遇した場面を想定してください。

 

これらのアクシデントで損失を蒙る可能性も。VPSを実装することで、これらのリスクを回避できる訳です。FBSでは最低預託額45ドル・月3ロットの取引だけで、本来月額33ドル必要なVPSの費用を無料にできます。

FBSは他の海外FX業者に比較しても、VPS無料のための条件がゆるいので、コストを削減しながら安全なトレードに取り組めるのは大きなメリットです。

FBSの口座開設方法を徹底解説

2020年3月11日

 

3位:XMトレーディング

Xmトレーディングも有名な海外FX業者ですが、為替のほかに原油やゴールドなどのコモディティに変動する指数での取引にも対応しているのが特徴です。

石油やゴールドなどのコモディティは、為替とは異なる変動を見せるので、ポートフォリオの多様化を検討している投資家諸氏にはおすすめです。

 

自動売買システムでも安定したパフォーマンスを提供しており、VPSの無料利用サービスにも対応しています。VPS利用無料になるための条件は、最低残高5000ドル以上で、月往復5ロット以上の取引となっています。

海外FXならではのレバレッジの高さと、VPS無料サービスを組み合わせることで、XMトレーディングを利用すれば、チャートの前に張り付くことなく、自動で利益を積み上げてくれるシステムを簡単に現実のものにできるのは、大きな魅力です。

 

海外FXの自動売買システムはおすすめ

海外FXは日本国内業者のような厳格なレバレッジ制限がなく、僅かな原始で巨額のリターンを得るチャンスが大きいのが魅力です。

しかし一般の有職者の方では、マーケットが開催しているタイミングでトレードするのは困難といえます。海外FXで収益を狙うなら、自動売買システムを利用するのが合理的です。

 

自動売買システムを選ぶに当たってのポイントは、EA(自動売買ソフト)とVPSにかかる費用の二点です。EAには数多くの種類があり、高い収益をあげているものもありますが、それほどでないソフトも含まれます。

その点を踏まえるとEAは数多く用意されているのはメリットです。万が一のトラブルに備えてVPSは重要ですが、コスト要因にもなります。可能な限りVPSを節約できる海外FXであれば、ベターといえます。

海外FXの自動売買とは?徹底解説

2020年7月12日

 

まとめ

海外FXのおすすめ自動売買システム3選について紹介しましたが、いかがでしたか?

効率的に利益を得られる自動売買システムは是非チェックしてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です