海外FXの「ゼロカットシステム」を徹底解説

この記事では、海外FXのゼロカットシステムについて徹底解説していきます。

海外FXならではのシステムに興味がある方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

海外FXのゼロカットシステムとは?

FXはレバレッジ等があるため自分の資産以上の損失が発生してしまうことも少なくありません。そのような場合には一般的には自分で支払える証拠金の金額を超えた分は借金となってしまうことが多く、様々なトラブルを抱えてしまうことが多いものです。

海外FXでは、このようなトラブルを避けるために証拠金以上の損失に関してはFX会社がこれを補填すると言うゼロカットシステムが導入されています。

 

利用者が借金を背負うことなく、効果的にFXを利用することができる仕組みとなっているのが特徴です。

海外FXではレバレッジの倍率が高いものも多いことから、万が一この仕組みがない場合には非常に多額の借金を背負ってしまうことが多く、FX自体を行わない恐れもありこれを避けるためにも導入されていることが多いものです。

 

ゼロカットが実行されるタイミング

ゼロカットシステムが実行されるタイミングは、FX投資を行いその損失が証拠金の金額を超えた場合です。

一般的にFXを行う際には自分の口座を設定しこの中に証拠金として一定額以上の金額を預金する必要がありますが、その金額を超えた損失を発生させた場合にゼロカットシステムが実行され、口座に入金されている証拠金のみが募集される仕組みとなります。

 

それ以上の資金の追徴は行われないため、安心して利用することができるのがポイントです。

ただしFX投資を行う際にそれぞれの投資対象によって証拠金の金額が定められており、その金額に満たない場合には投資を行うことができない仕組みとなっているものも多いので、この点に注意をしなければなりません。

海外FXの「証拠金維持率」について徹底解説

2020年5月23日

 

国内業者にはこのシステムはない

ゼロカットシステムは海外のFX業者ではほとんどが導入していますが、国内FX業者ではこのシステムを導入しているところはありません。

その理由は国内FX業者はレバレッジの倍率が低くなっているほか、公正な取引を期すために国内のルールで特定の個人に対して資金を提供することが禁止されているためです。

 

古くから日本の金融機関は公正な取引を前提としており、ゼロカットシステムは特定の対象に対してその損失を補填すると言う行為に当たるとみなされ、その平等性を欠くと認識されていることも多いことから、導入されていないのが実態です。

また日本国内のFX業者は様々な手数料等で利益を上げていることが多く、スプレッドを狭く設定し様々な手数料を徴収するため、利益を上げてもなかなかそれが自分自身に結びつかないのがデメリットとなっています。

 

海外FXにはメリットがたくさんある

海外FXはゼロカットシステムがあるため、証拠金以上の損失が発生しないことから安心して高いレバレッジを設定し利益を上げることが可能です。

その他にもスプレッドが広く投資を行いやすいなどといったメリットがあり、そのメリットは国内FX業者とは比較になりません。

 

国内FX業者は様々な銘柄を組み合わせて独自の商品を生み出すことも多く、そのために高い手数料を支払わなければならなかったり、様々な規制があるためになかなか高い利益を得ることが難しいものです。

さらにレバレッジも低く設定されているため儲けることが難しいと言う点もデメリットです。そのため、リスクを少なく大きな利益を上げることができる海外FXには、いろいろなメリットがあり効果的に投資を行うことができるのが特徴です。

初心者必見!海外FXで安心して利用できる業者の4つの見分ける方法

2020年5月11日

 

まとめ

海外FXのゼロカットシステムについて徹底解説しましたが、いかがでしたか?

ゼロカットシステムは借金のリスクを背負う必要がないというメリットが大きく、取引の幅を広げることができます。是非参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です