海外FXの「スプレッド」について徹底検証

この記事では、海外FXの「スプレッド」について徹底検証していきます。

海外FXでの取引を考えている方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

海外FXのスプレッドの基本

FX取引にはスプレッドというルールがあり、特に海外FX業者の利益になっています。トレードの画像を見ると気配値表示という画面があり、ここには通貨ペア毎に売買価格が現れています。

この売値と買値の差についてスプレッドと呼んでいて、これが利用者が負担するコストになっていて、海外FX業者に対して実質上手数料になるのです。

 

これは業者によって異なることが多く、狭い業者があればそうではない業者もあるでしょう。注意したいことは必ずしもこれが狭いと優良業者ではないことです。海外FX業者の収益源はスプレッドになりますが、それが少ないと豪華なボーナスは出ないなどいくつかサービスが限定されているケースもあります。

スプレッドが狭いとお得な業者と判断する人もいますが、言い切れないことがあるでしょう。FX業者が提供するサービスをいくつか比較検討し、自分に合った業者を選択することをおすすめします。

海外FXで高額ボーナスがもらえる4業者をご紹介

2020年5月2日

 

固定スプレッドと変動スプレッド

海外FX業者にいくつかスプレッドが存在していて、時間帯や市場取引量などにより変化する仕組みの変動スプレッドがあります。国内FX業者と同じように、固定スプレッドを提供するケースもあります。

海外FX業者の場合、変動を採用する業者が多いですが、固定を採用する会社もあるでしょう。どちらにもメリットやデメリットがあり、トレードスタイルによって有利かどうか異なります。

 

変動の場合、スプレッドが絶えず変化しますが一定幅を前後する仕組みです。固定の場合、一定で変動しません。固定でも経済指標発表の直後や要人の発言により、急に大きく開くこともあるので注意が必要です。

変動の場合、最大値や最小値があり、どれぐらい幅を配信するか把握しなければいけません。変動における平均値と、固定における幅を比較すると良いでしょう。

 

時間帯によってスプレッド幅が異なる

スプレッドは時間帯によって幅が異なります。取引量などいろいろな関係性が存在していて、例えば市場の取引量が大きくなるとスプレッドが狭くなる傾向があります。

取引量が少なくなるとスプレッドが広くなる傾向です。取引量とスプレッドには反比例の関係があると言えるのです。原則平日5日間24時間において取引することができ、日付が変わり最初に開く市場はニュージーランド市場になります。

 

その後シドニーや東京、シンガポールやロンドンと順番に外国為替マーケットが開催されるので、24時間どこかの市場は開いています。

時間帯によって極端に少なくなり、多くなる時間帯の特徴があって、中でもロンドン市場やNY市場は取引量の50%以上になるので注意が必要です。最も取引量が多くなる時間になるので狭くなります。日本時間では夜22:00~2:00で、値動きが活発になる時間帯です。

 

ECN口座はスプレッドが低いが手数料がかかる場合がある

ECN口座はスプレッドが低いですが、別途取引手数料が発生するケースがあります。いろいろな口座タイプがあり、国内FXではそれほど見かけないパターンになりますが、口座タイプにはECN口座とSTP口座に区分することが可能です。

これらの口座にはいくつか違いがあり、例えばSTP口座の場合、スプレッドに手数料が含まれる口座になります。取引手数料は無料と記載されていることが多いです。

 

ECN口座の場合、スプレッドが極狭になっていますが、取引毎において別途取引手数料を徴収する仕組みになります。

これらのSTP口座やECN口座は海外業者により呼び名が違うこともあり、例えば最もメジャーな業者ではスタンダード口座やZero口座と呼んでいることもあります。FX口座開設をする場合、メリットやデメリットを把握してから自分にとってどれが良いか決める必要があるでしょう。

海外FX業者おすすめの4業者をご紹介

2020年5月4日

 

まとめ

海外FXの「スプレッド」について徹底検証しましたが、いかがでしたか?

時間帯や口座によってスプレッドの違いがありますので、取引の参考にしてみて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です