海外FXでおすすめの入出金方法を4つご紹介

この記事では、海外FXでおすすめの入出金方法を4つご紹介していきます。

セキュリティや手数料等で悩んでいる方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

即時反映の「Bitwallet」

Bitwalletはセキュリティが高いオンラインウォレットとして信頼度が高く、世界で最も安全に使用することができるウォレットとして有名です。

世界の主要通貨である米ドルや日本円、ユーロに対応し、国際カードブランドのセキュリティ統一基準のPCIDSSに完全準拠しているため、Bitwalletはいつでも安心して利用できるのが特徴の一つとなっています。

 

様々な入金に対応しており、ウォレット希望通貨に直接入金できるので為替差損が発生せず、引き出しにおいても24時間以内に送金の手続きを行うことが可能です。

送金手数料も日本円でのやりとりであれば数百円で出金することができるので、海外送金においてもリフティングチャージや銀行手数料がかかることもありません。

海外FXで高額ボーナスがもらえる4業者をご紹介

2020年5月2日

 

通常入出金の「国内銀行送金」

国内銀行送金は日本の銀行の口座から海外のFX口座へ入金する方法です。海外のFX業者では日本の銀行口座を開設していることがあり、指定されている口座へ振り込むだけで入出金が可能になります。

国内でのやり取りとなるので振込手数料も安く、さらに海外に送金するよりも早くに資金が反映される特徴があります。ネットバンキングを利用すると手数料は低くなるため、ネットバンキングを利用する人が多いです。

 

国内銀行送金は簡単な方法ですが、注意点として海外FX口座の名義と入金した口座名義が同じでないと入出金することはできません。

近年金融庁によって国内送金に対応している海外FXの業者は少なくなっており、選べる幅が狭くなっていますが、最も慣れ親しんだ方法であり安心して取引ができます。

 

手軽な入出金「クレジットカード」

海外のFXを行う上で最も多いのがクレジットカードの入出金です。クレジットカードを使用した方法では通常の買い物のように海外のFX業者の口座に入金することができるほか、リアルタイムでその資金が反映されるので、すぐにやり取りをしたい場合に向いている方法になります。

注意点としては1年を通過するとクレジットカードでの入金のキャンセル処理ができなくなること、入金した額までは出金する際同じクレジットカードが必要となることがあげられます。

 

またマネーロンダリング防止の観点からクレジットカードの名義と海外FX口座の名義は同じでなくてはなりません。

クレジットカードでの入出金では手数料が無料となることが多く、即時口座に反映されるメリットがあります。さらにクレジットカードのポイントがたまるなどの特典を受け取ることも可能です。

 

簡単な入出金の「BXONE」

BXONEウォレットは新しいペイメントサービスであり、海外の仮想通貨取引所とも言われることがあります。ビットコインはもちろんのこと様々な通貨を扱っていること、2段階認証の導入とコールドウォレットにより安全性が高いことが特徴となっています。

BXONEへの入出金はクレジットカードまたは国内外の銀行送金、さらに外部ウォレット間の送金に対応しているため大変に便利です。

 

BXONEウォレットに紐づいているプリペイドカードを利用することによってさらに簡単に決済を行ったりATMで日本円を引き出し足りすることが可能です。

FXで利益が出た分をウォレットに出金し、プリペイドカードにチャージをするとすぐに買い物の決済に充てることができます。口座開設の際の費用も年会費もかからないため初期投資を安くすることも可能です。

海外FXで高額な「入金ボーナス」があるトップ3業者とは?

2020年5月8日

 

まとめ

海外FXでおすすめの入出金方法を4つご紹介しましたが、いかがでしたか?

反映時間や手軽さなど自分にあった入出金方法を選んでくださいね。是非参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です