海外FXの利用の違法性はなし!徹底解説

この記事では、海外FXの利用の違法性がないことについて徹底解説していきます。

日本のFXとシステムの違いがあり不安に思っていた方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

結論:海外FX業者を使っても違法性はなし

結論からすると、海外FX業者を使うことに違法性はなく、安心してトレードを始めることができます。存在そのものは合法ですし、日本人が利用を制限される理由もありませんから、海外FX業者を利用すること自体は問題ないといえます。

勿論、ルールを守り法を遵守することが大前提なので、ルールから外れる海外FX業者となると話は別です。

 

しかし、知名度の高い広く知られている業者であれば、合法的かつ安全にトレードできる可能性が大きいです。日本のFX業者とは確かに適用される法律が違ったりしますが、多くは課税に関する部分だったりします。

既に日本にも海外FX業者の利用者は数多く存在しますし、安全にトレードしている実績を積み重ねているので、今からでも安心して利用できます。

海外FXで高額ボーナスがもらえる4業者をご紹介

2020年5月2日

 

規制されるのは海外FX業者のみ

規制が適用されるのは海外FX業者だけで、トレーダー側が規制を受ける心配はないです。具体的にはFXの取引を規制する金融商品取引法のことで、誰がどのような規制の対象になるかが焦点となります。

結論はやはり規制対象が海外FX業者で、適切に運営が行われているか否か問われます。

 

しかし取引自体は規制の対象外ですから、口座が開設できなかったり、トレードが始められない恐れとは無縁です。トレーダーによる海外FX業者の比較検討は自由ですし、日本のFX業者にはない取引条件の業者を選択してもOKです。

問題なく取引を始めることができた場合に、後からトレーダーが規制を受けるという心配はまずないでしょう。利用する海外FX業者が規制を受ければ、その影響がトレーダーにもないとはいえませんが、運営に問題がなければそもそも規制の心配すら無用です。

 

国内業者と海外業者の税金の違いを理解しよう

国内業者と海外業者の間には、レバレッジの倍率だけでなく、税金の違いが存在しています。税金の違いを具体的にいえば、前者の国内業者は分離課税で、後者の海外業者は総合課税が適用されます。

分離課税は利益の大小に関係なく、税率が一律で計算しやすいのが特徴です。その点、総合課税は利益に応じて課税率が変わるので、計算して税金額を算出する必要があります。

 

また総合課税には、利益の上昇に伴う累進課税が設けられていますから、利益が増えれば増えるごとに課税の負担も増加します。海外FXは大きな利益を追求しやすいですが、同時に税金も大きくなる可能性があるので、そこを念頭に海外FXを始めることが重要です。

それと損失が発生しても繰越控除の対象外なので、利益が出なくても課税されることに注意が必要です。節税の観点からすれば、国内も海外も一長一短でケースバイケースですから、どちらが有利か断言するのは難しいです。

 

海外FXはゼロカットシステムなどメリットは多い

海外FXには、ゼロカットシステムを始めとした強力な仕組みが存在するので、メリットは多く魅力的です。ゼロカットは、国内FXだと得られない大きなメリットの1つで、今のところ海外FXならではの強みです。

万が一大きな損失が発生しても、口座残高がマイナスになる心配がありませんから、不安なく自信を持ってトレードに挑戦できます。

 

レバレッジの倍率の高さも、海外FXの優位なポイントなので、国内FXに物足りなさを覚えている人に向いています。NDD方式を採用する海外FX業者であれば、より有利なレートでトレードすることが可能です。

日本の枠組みにとらわれない、文字通り枠を超えた業者が多いですから、海外FXはトレードの幅を広げる可能性を秘めています。

初心者必見!海外FXで安心して利用できる業者の4つの見分ける方法

2020年5月11日

 

まとめ

海外FXの利用の違法性はないことについて徹底解説しましたが、いかがでしたか?

海外業者というだけで不安に感じる方もいるかもしれませんが、実績ある業者を選ぶことで安全に利用ができます。また、日本のFXにはないゼロカットシステムで借金のリスクなく取引ができます。是非参考にしてみて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です