海外FXで自動売買を使う3つのメリットを解説

この記事では、海外FXで自動売買を使う3つのメリットを解説していきます。

海外FXで効率的に取引したいと考えている方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

24時間相場をシステムが監視してくれる

FX運営企業がサービスとして行っている自動売買システムもしくは専用ソフトを用いた自動取引をするメリットはいくつかありますが、その一つが24時間相場をシステムが監視してくれることです。

至極当然ですが、日本からアメリカやヨーロッパでは時間が8時間から10時間ほど違います。

 

そのため日本時間が深夜3時だった場合、アメリカやヨーロッパでは昼の3時から夕方の時間帯になるため取引が活発になる時間帯に起きてトレードするのが難しくなるのです。

そこで自動売買を利用することで、事前に値幅を設定しておけば後はシステムが自動で操作してくれます。仮に大きく値幅が上がれば利確してもらえるだけでなく、逆に値が反発しても損切りをしてくれるので安心できます。

 

リスクを分散しながら取引ができる

FXで本格的に利益を獲得するためには、最低でも3つ以上の通貨取引をする必要があります。しかし3つ以上も通貨取引をするとなると、それぞれのチャートを見て確認する必要があるのです。

FXで重要な経済政策や金利政策を実行する際の会議は、国々で時間帯が全く違います。そのため違う時間帯に正確に合わせないと、チャートの値動きに対応できずに利益獲得が難しくなるのです。

 

そこで3以上注文する際の、一つだけでも自動売買システムを導入することによってチャートの変動が起きてもシステムが対応してくれます。

急激な変動に自分だけで対応しなくて済むので、取引するタイミングを間違えるということが無くなる事からリスク分散になります。

 

システム化で感情に左右されず取引できる

FXにおいて最大の敵といわれるのが、損をした時に生じる制御できない自分自身の心です。今一度FXの基本をおさらいすると、自国の通貨で他国の通貨を購入することで時間差によって生じた差額が利益になります。

当然ながら流れに乗れればよいですが、急激な反発で損をするほうに向いてしまうと焦ります。焦りは正常な判断力を失わせ、冷静であれば判別が出来る事が出来なくなるのです。

 

そして冷静な判断が出来ないまま、何度も取引をすることで結局損をするほうが大きくなるという悪循環に陥ってしまいます。

そこで自動売買を利用することで、機械に取引の全てを委ねてしまえば感情に流されることがないので損をするリスクをかなり減らすことが出来るのです。

 

自動売買取引は時間がない人におすすめ

FXは時間帯によって経済指標や政策会議の時間に違いがあるため、投資家は常にチャートとニュースを確認し続けなければならないです。

しかし家事や育児そして仕事の関係上で、常にチャートやニュースを見る時間がないという人のほうが多いです。基本的にFXを含めた投資は、入金して実行したら3日ほど保有するのが安定したやり方ではあります。

 

何度も言うように経済指標や政策会議の時間が違うだけでなく、通貨価値は貿易戦争やウイルスショックによる経済停滞などが起きると急激な反発をします。

時間がないという理由で放置をすると、こういった事例が起きると大損をしてしまい継続が難しくなる可能性が大きいのです。そこで自動売買システムであらかじめ利確と損切りを設定しておけば、時間がない人でも安心してトレードが出来ます。

 

まとめ

海外FXで自動売買を使う3つのメリットを解説しましたが、いかがでしたか?

海外FXでのデメリットをカバーしてくれる点やシステムに任せられる点など魅力的なメリットがありましたね。是非参考にしてみて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です