海外FXの自動売買とは?徹底解説

この記事では、海外FXの自動売買について徹底解説していきます。

取引に使える便利なシステムに興味のある方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

自動売買システムとは?

自動売買システムは、文字通り自動で売買を行ってくれるものです。

自動売買システムはさまざまな種類がありますが、海外FX業者でよく用いられているMetaTraderと呼ばれるFX取引ソフトではプログラムを組むことで誰でも自動売買を行うことができるため、海外FXで自動売買といえば、このMetaTraderを利用したものを指します。

 

MetaTraderで使われているものでは、エキスパート・アドバイザー(ExpertAdvisor)と呼ばれ頭文字をとってEAと呼ばれており、あらかじめ設定されたプログラムに基づき売買を行うというものです。

FXにおいては稼げるチャンスは1日に数回程度しかなくそれ以外にエントリーしても上手く行かない理由となりますが、自動売買ではプログラムによって自動的に行うことができチャンスを逃さないメリットがあります。

海外FXで自動売買を始めるために知っておくべき4事項

2020年6月19日

 

自動売買の特徴

自動売買の特徴は、第一にはプログラムに設定された条件で売買が行われることです。

自動で行われるため、感情に左右されず淡々と取引が行われますし基本的にエントリーと決済を設定した上で行われるため、利益が限定的な一方で反対方向に相場が動いた時でも損切りも自動で行われますから、損失も限定的といえます。

 

MetaTraderを用いた方法では、提供されるプログラムを元に設定を行って売買を行いますが、利用者がカスタマイズをすることができますから、自身のトレードの理論を実践させることも可能です。

一方で、自動売買は人間にはできないような瞬間的な取引も可能ですから注文量が増加することが想定されるため、利用を許可していないFX業者もあります。

 

自動売買に向いている人

自動売買というのは必ずしも利益を得るものではありませんが、メリットとしては取引ソフトが立ち上がってオンライン状況であれば24時間設定した取引ルールによって売買を行ってくれます。

特にFXでは相場が激しく変動することも多く、その点でリスクが高いとされますがこれらのリスク管理もプログラムが行ってくれますから、その点ではリスク分散につながります。

 

また感情に左右されて損失が大きくなるというのもFXに多いケースですが、それも防ぐことが可能です。自動売買に向いている人としては、ひとつはプログラムの設定や検証ができる人です。

それにコンピューターを24時間稼働させる場合には自宅で行うよりもVPS(仮想専用サーバー)を用いた方が安定的で、その点の知識も必要です。これら条件を満たせば、人力で行うよりも効率的にFX取引を行うことができます。

海外FXで裁量トレードのメリット・デメリットをご紹介

2020年6月19日

 

海外FXでも自動売買を利用できる

自動売買は日本ではあまり普及していない方法ですし、提供していたとしてもFX取引業者が専用に開発したものが中心です。このような自動売買プログラムは自由度も少ないためメリットの小さなものといえます。

一方で自動売買の本場はMetaTraderを取引ツールとしている海外FXが中心ですMetaTraderそのものはフリーで提供されているもので、対応しているFX業者のサーバーにアクセスすることによって相場の状況やトレードを行うことができるものになります。

 

MetaTraderの特徴としてはユーザーが作成したプログラムを実行することができるという点で、テクニカル指標なども後から追加することが可能です。

また自動売買についても同様で、取引業者を変えても自動売買のプログラムはそのまま使うことができます。

 

まとめ

海外FXの自動売買について徹底解説しましたが、いかがでしたか?

設定どおりに自動で取引をしてくれるため時間があまりとれない人にも便利ですね。是非参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です