海外FXで裁量トレードのメリット・デメリットをご紹介

この記事では、海外FXで裁量トレードのメリット・デメリットをご紹介していきます。

自動売買システムか裁量トレードか迷っている方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

裁量トレードとは?

FXの取引方法はさまざまで、最近は人工頭脳のプログラムを利用した自動売買システムを利用する人も少なくありません。それでも従来のように自分で判断して手動で売買取引をする方法もあり、このような取引を裁量トレードと呼びます。

裁量トレードを行う場合は、自分でチャートを分析したり政治・経済情勢のニュースを調べて相場を予想する必要があります。

 

自動取引用のプログラムが進歩しているとはいえ、投資家の心理状態や政治・経済状況から将来を予想する場合はコンピュータよりも人間の方が有利です。

裁量トレードでは、それまでに培ってきた勘や経験を活かすことができます。そのため経験豊富なトレーダーであれば、人工頭脳な自動取引ツールに頼らずに自分の頭で勝負する人も少なくありません。

 

裁量トレードのメリット

裁量トレードのメリットとして、状況に応じて柔軟な対応ができる・より多くの情報を収集して自分の頭で予想することができる・他の参加者の心理状態を分析して取引ができる・多角的に判断してリスク許容を定めて経験を活かした取引ができる、などが挙げられます。

取引に参加するのは人間で、人の感情や心理的な部分はコンピュータの人工頭脳でも理解することができません。

 

自分の頭で判断する裁量トレードは、他の投資家の心理状態の分析ができるという点が大きなメリットといえるでしょう。政治や経済が混乱している状況だと、さまざまな要因が絡み合って相場が変化します。

コンピュータの人工知能は政治的なイデオロギーや人間の感情を理解せずに機械的な取引を実行するので、予想外の事態が発生した場合に柔軟に対応することができません。

初心者必見!海外FXで安心して利用できる業者の4つの見分ける方法

2020年5月11日

 

裁量トレードのデメリット

自動売買システムには多くのメリットが存在し、裁量トレードのデメリットを補ってくれます。裁量トレードの最大のデメリットですが、人間は24時間にわたり取引を継続することができないことです。

人間は睡眠や食事・トイレ・入浴などが必要なので、実際に取引に参加することができる時間が限られてしまいます。もしも睡眠中や食事中に相場が急変したら、損切りが遅れて損失が拡大してしまうリスクがあります。

 

スキャルピング取引を続けて少しずつ利益を積み上げる場合は、休憩を必要とせずに機械的な取引を続けてくれる自動売買システムの方が有利です。

人間は理性的に判断をすることも可能ですが、場合によっては感情的になって誤った判断をしてしまう恐れもあります。裁量トレードを行う時は常にベストコンディションとは限らず、ストレスや疲労などが原因で感情的になって損失を発生させてしまうケースも少なくありません。

 

裁量か自動売買システムの利用かは自分次第

裁量トレードと人工頭脳プログラムを用いた自動売買システムには、それぞれメリットとデメリットがあります。いずれの場合にも損失が発生するリスクがあるので、自己責任で判断をして選択しなければなりません。

スキャルピング取引などのように、機械的な取引を続ける場合は自動売買システムのほうが有利です。これに対して自然災害や経済危機などが生じるような場合は、人間が判断する裁量トレードのほうが臨機応変に対応ができるでしょう。

 

自分の頭を使って裁量トレードに集中するか自動売買システムに頼るかは、自分次第といえます。ライフスタイルや取引方法に応じて、自分に合った方法で取引に参加することが大切です。

自分の投資経験や過去の実績を分析した上で、裁量トレードか自動売買システムのどちらかを選ぶようにしましょう。

海外FXで自動売買を始めるために知っておくべき4事項

2020年6月19日

 

まとめ

海外FXで裁量トレードのメリット・デメリットをご紹介しましたが、いかがでしたか?

自動売買システムはとても便利ですが、人間相手の取引に対応できるのは裁量トレードが大きいかもしれません。自分にあった取引方法をぜひ見つけて下さいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です