海外FXでの損失は借金になるのか?徹底解説

この記事では、海外FXでの損失は借金になるのか徹底解説していきます。

海外FXに興味はあるがリスクが不安という方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

結論:海外FXで借金を背負うことはない

海外FXを始める前に気になることの1つに、損失が借金になるかというものがあります。結論からいえば海外FXで損失が発生しても、それが借金を背負うことになる心配はないです。

海外FXでは、損失が負担にならない配慮が行われているので、借金を恐れずにトレードを始めることができます。勿論、金融機関からお金を借りてトレードに挑戦して、その結果損失が発生した場合は別です。

 

借入ではない自己資金を元手に、海外FXのトレードで損失が出ても、損失は借金にならないということです。

金融機関に限らず、誰かに借りながらトレードを行えば、借りた分は借金として返済義務を負うので注意です。つまり、海外FXを利用するなら自己資金を用意して、借金なしでトレードを楽しむのが正解です。

 

ゼロカットシステムで追証なし

海外FXにあって国内FXにないものとして、いわゆるゼロカットシステムが挙げられます。ゼロカットシステムとは、口座残高がマイナスの時にロスカットが発生しても、追証の義務を負わなくても済む仕組みです。

言い換えるなら、残高マイナス状態の口座は、損失が生じてもリセットが受けられることを意味します。入金額以上の損失が避けられますから、追証を支払う必要はなく、借金をしなくても良くなるわけです。

 

入金が高額だと失うのは痛手ですが、借金を背負うことになるよりは遥かにマシです。国内FXにゼロカットシステムはないので、海外FXの安心感の差はまさに段違いです。

当然ながら悪用は厳禁ですが、ルールを守り普通にトレードする分には心に余裕が生まれる、かなり安心のシステムです。

海外FXの「ゼロカットシステム」を徹底解説

2020年6月15日

 

国内業者の場合には借金として残る

国内業者でFXトレードをすると、その結果次第で借金が手元に残ることになります。利益を出してプラス収支なら心配ないですが、口座残高が減ってマイナスに転じると大変です。

最悪、自己破産という選択肢はあるものの、デメリットが多く何度も使えないのがネックです。しかも必ず認められる保証はありませんから、海外FXのゼロカットシステムのような安心感はないです。

 

残った借金の返済が免責されない場合は、そのまま返済義務のある借金が残ります。金額が金額だと返済は難しいですし、家計を圧迫することにもなるので、国内業者を利用するなら無理のない範囲でトレードするのが賢明です。

ただ、それだと心理的にレバレッジが使いにくいですから、国内業者でFXをする旨味が薄れてしまいます。

 

海外FXの方がリスクが少なく始めることができる

海外FXは安心のゼロカットシステムのおかげで、リスクを抑えながらトレードが始められます。新規登録や入金時にボーナスがもらえたり、国内ではありえない高倍率のレバレッジが使えるなど、FXトレードに関する魅力が満載です。

信頼できる海外FX業者を選択することが大前提ですが、サービスの提供開始から現在までの期間が長く、日本で知名度がある業者なら比較的安心です。

 

ゼロカットシステムに守られるメリットを実感すると、常に冷静かつ大胆なトレードが楽しめるようになります。

ハイレバレッジの選択肢も相まって、ローリスクハイリターンに期待できるFXが実現します。海外FXの方がリスクが少ないのは、既に海外FX業者を利用している人達の間では常識です。

初心者必見!海外FXで安心して利用できる業者の4つの見分ける方法

2020年5月11日

 

まとめ

海外FXでの損失は借金になるのか徹底解説しましたが、いかがでしたか?

そもそも海外FXでは借金を負う心配がなく、安心して始めることができます。是非参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です