海外FXで確定申告する際に経費計上して利益を圧縮する方法

この記事では、海外FXで確定申告する際に経費計上して利益を圧縮する方法について解説していきます。

少しでも税金を抑えたいと考えている方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

FX情報誌などを経費に計上

FX情報誌などを利用して取引を行う場合には、これを必要経費に計上することで税金を圧縮することが可能な場合があります。

その内容が自らの取引内容と一致していることが必要となりますが、実際には具体的な利用方法を追求されることが少ないため、一般的にはこれらのFX情報誌は取引を行うための必要経費として承諾される場合が多いのです。

 

その他様々な情報なども利用することができる内容であれば、含めることができる可能性があります。また紙の雑誌だけでなくメルマガなども購読料が発生する場合、これを含めることができる可能性もあります。

これらの項目をリストアップし、費用などをしっかりと記録しておくことと、領収書が発行される場合にはこれを確実に保管していくことが大切です。

初心者必見!海外FXで安心して利用できる業者の4つの見分ける方法

2020年5月11日

 

パソコン代金などを経費計上

海外FXを行う際にはパソコンも非常に重要なツールとなっているため、これを必要経費で計上することが可能な場合が少なくありません。

パソコンはその他にも様々な目的で利用することができるため、含めることができないのではないかと思う人も多いのですが、実際にはこの機器がないとインターネットを利用した取引を行うことができないために認められる可能性が高いのです。

 

これに付帯する様々な装置なども申告することができる可能性があります。

プリンターやDVDドライブなどもデータを記録したり印刷をするために必要なものであるとみなされれば認められるので、これらの機器の購入記録なども確実に管理し、申告を行ってみることが必要です。

 

通信費などの一部を経費計上

海外FXを行う際にはインターネット接続を利用して行うのが一般的です。そのためこれに必要なインターネット接続の費用なども計上することができる可能性があります。

加えてこれらの設備はその全てがFX取引で利用されるものであるとは限りません。

 

むしろ他の用途で利用することが多く、またほとんどの過程で必要なインフラとなっている現代では、1つの目的のために設置するということが少なく複数での利用を行うのが一般的となっていることから、全額を申告するのは問題があるとみなされることが多いものです。

しかし場合によってはその1部が必要経費と認められることもあるため、領収書等を確実に保管しておき正確に申告することが必要です。

 

セミナーや交流会の費用を経費計上

意外と多くの人が気づかないのがセミナーや交流会の費用を経費計上することです。

自己啓発や自分の知識の向上のためにセミナーや交流会を利用すると考えていることが多いため、これらの費用は海外取引とは直接的に関連性はないと考える人も多いのですが、実際にはこれらの知識を持って行っている面も多いため、その内容によっては認められる可能性があります。

 

これらで得た情報は実際に書籍などを読む場合と同じか、もしくはそれ以上に有益な情報となることが少なくありません。

計画的に利用し、領収証などを確実に保管することで、かかる経費を軽減することが可能となるので十分に意識しておくことが必要です。これらの申告を適切に行い、費用をできるだけ少なくすることで効率的に利益を得ることができます。

海外FXの税金は高いのか?徹底解説

2020年5月2日

 

まとめ

海外FXで確定申告する際に経費計上して利益を圧縮する方法について解説しましたが、いかがでしたか?

必要経費はしっかり計上して節税に努めて下さいね。是非参考にしてみて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です